あぜのきらめき

lightup

白米千枚田では平成28年10月15日(土)から平成29年3月12日(日)にかけて大規模なイルミネーションイベント「あぜのきらめき」が開催されます。棚田のあぜに21,000個のソーラーLEDを設置し、毎晩イルミネーションが楽しめる光のイベントです。
日没後、辺りが暗くなるにつれ点灯してゆく様子はとても幻想的です。
また、期間中にはクリスマス・バレンタインデーなどの特別イベントも開催しております。
 

img01

イルミネーションは色が変わるLEDを設置し、一面ピンク色からゆっくりと黄色に変わりながら灯り、30分ごとに切り替わります。
多くのボランティアがひとつひとつ丁寧に植えた光が作り出す美しい光景をぜひご覧ください。

img02

使用するLED装置は通称「ペットボタル」と呼ばれています。ペットボトルは地元企業の協力により、昼間の太陽光エネルギーで充電、暗くなると自動で発光するしくみにになっています。
また、この21,000個のペットボタルは「ほたるびと」と呼ばれる多くのボランティアが設置しています。毎年「ほたるびと」を募集しております。今年度分は9月30日(金)まで募集しておりますので、下の申込書をダウンロードしていただき、必要事項を記入してご応募ください。

ボランティア(ほたるびと)申込書

ページ上部へ