ローコスト住宅メーカーランキング15選!住んでみて後悔はある?

ローコスト住宅メーカーランキング15選!住んでみて後悔はある?

 

「ローコスト住宅に興味があるけれど、どのハウスメーカーがおすすめなのかわからないから教えて!」

 

ローコスト住宅は、全てのハウスメーカーで取り入れられているわけではありません。

そのため、むやみに複数のハウスメーカーを調べても時間の無駄になりますよ。

 

  • ローコスト住宅ってどのハウスメーカーが取り入れているの?
  • そもそもローコスト住宅ってなに?
  • ローコスト住宅のメリット・デメリットは?

など、気になることがたくさんあるのではないでしょうか?

 

そこで本記事では、ローコスト住宅のハウスメーカーランキングやローコスト住宅のメリット・デメリットについてご紹介していきます!

 

目次

ローコスト住宅のハウスメーカーランキング15選!おすすめなのは?

ローコスト住宅メーカーランキング15選!住んでみて後悔はある?

 

初めに、ローコスト住宅のハウスメーカーランキングをご紹介します。

15社をご紹介しますので、ぜひハウスメーカー選びの参考にしてください!

 

アイフルホーム

 

アイフルホームは、住宅メーカーと工務店の良いところを併せ持ったハウスメーカーです。

品質が高く、住みやすいローコスト住宅の提供がアイフルホームの特徴です。

 

アイフルホームが提供するローコスト住宅の代表作は「i-Prime7(アイプライムセブン)」です。

i-Prime7(アイプライムセブン)は、坪単価20〜55万円と低価格なため、低予算でも家を建てることができます。

 

また、住宅設備はすべてLIXIL製となっていますので、安心・安全の家づくりが可能です。

 

アイダ設計

 

アイダ設計は、ローコスト注文住宅の評判が高いハウスメーカーです。

アイダ設計の魅力は、お客様への不信感や不透明感を無くした正直価格です。

 

お客様第一を考えた提案や接客は、実際にアイダ設計を利用した方からも高い評判を得ています。

アイダ設計では、ローコスト住宅として「888万円の家」が販売されています。

 

888万円の家は、本体価格が880万円ですので、勘違いしないようにしましょう。

アイダ設計の坪単価は20〜40万円ほどと、低予算で家を建てられます。

 

タマホーム

 

タマホームは。創業20年を超え、ローコスト住宅の代表作「大安心の家」「木麗な家」などの商品を販売しています。

また、実績として一般財団法人日本地域開発センター主催が主催する、省エネルギー性に優れた住宅を選定する表彰制度「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2020」に「省エネ住宅特別優良企業賞」を受賞したり、大安心の家エリアシリーズ期間限定仕様5・6・7地域」では「優秀賞」を6年連続で受賞したりなど輝かしい証を受賞しています。

 

タマホームのローコスト住宅は、安さだけなく住宅性能にもこだわっています。

「低予算だけれど、住宅性能に優れた家を検討している」といった方に、おすすめのハウスメーカーです。

 

ヤマダホームズ

 

ヤマダホームズは、様々なローコスト住宅を販売している実績があります。

ヤマダハウスで提供している商品と坪単価は以下のとおりです。

 

  • 小堀の住まい:約80万円
  • スーパーフル:50〜65万円
  • S×Lシグマ:65万円前後
  • ウッドセレクション:60〜70万円
  • 平屋:約80万円

 

ヤマダホームズは、他ハウスメーカーと比較すると、坪単価が高い傾向にあります。

しかし、ヤマダハウスでは住宅性能にこだわった家づくりやヤマダ電機と連携したスーパーフル装備住宅などを実現しています。

 

また、価格帯やグレードによってランク付けされた幅広い商品ラインナップが用意されているため、予算関係なく1度は選択肢に入れておきたいハウスメーカーです。

 

ユニバーサルホーム

 

ユニバーサルホームは、高品質なローコスト住宅や注文住宅を全国展開しているハウスメーカーです。

お客様目線を持った営業担当者が、多くいるため、満足度の高い住宅を手に入れられます。

 

ユニバーサルホームの坪単価は、約50万円です。

住宅性能の高さを求めながら、低価格な住宅も建てられるため、ローコスト住宅とは思えない高性能住宅が建てられます。

 

クレバリーホーム

 

クレバリーホームは、木造住宅に特化したハウスメーカーです。

設計のバリエーションの豊富さやアフターサービスの充実度などの評判が高いです。

 

クレバリーホームでは、外壁タイルに力を入れています。

クレバリーホームのオリジナル製品である外壁タイルは、非常に耐久性に優れており、劣化を防いでくれます。

 

また、保証が30年間付いているため、長期的に住み続けられます。

クレバリーホームの坪単価は30〜60万円ほどです。

 

低価格で高性能な住宅を建てられるため、ローコスト住宅を探している方におすすめのハウスメーカーです。

 

レオハウス

 

レオハウスは、自由設計に力を入れているハウスメーカーです。

レオハウスの住宅は、高断熱仕様になっています。

 

そのため、光熱費を抑えたり、体の健康を考えたりできる住宅が手に入ります。

また、レオハウスではアフターサービスとして最長60年保証を受けることが可能です。

 

そのため、一生住み続けられる家を作ることができます。

レオハウスの坪単価は約25〜45万円ほどです。

 

坪単価も低く低予算であっても家を建てることができるため、ローコスト住宅を検討している方はチェックしておきたいハウスメーカーの1つです。

 

富士住建

 

富士住建は、完全フル装備の家を販売しているハウスメーカーです。

富士住建では、「高品質で適正価格、住む人がしあわせになるための家」を提供することをモットーに、ローコスト住宅を提供しています。

 

富士住建では、標準装備がフル装備として準備されているため、低価格で高性能住宅が建てられます。

オプションも付ける必要がないため、余計な費用はかかりません。

 

富士住建では、下記の設備が標準装備として備え付けられています。

 

  • 太陽光発電システム
  • 床暖房
  • カーテン
  • クロス
  • 全室LED照明
  • バスルームにテレビ完備
  • エアコン5台

 

アキュラホーム

 

アキュラホームは、匠の心を持ったプロ職人集団が品質や住宅性能、デザインなどを追及しているハウスメーカーです。

アキュラホームでは、アキュラシステムの導入や共同仕入れの直接発送など様々な取り組みを行っています。

 

また、全国250社の工務店と連携を行っているため、安く大量に設備や建材の購入が可能です。

建設工事も選ばれた大工が担当しているため、品質の高い家が建てられます。

 

アキュラホームは、坪単価40〜55万円ほどで推移しています。

コストパフォーマンスの良い家を検討している方に、アキュラホームがおすすめです。

 

秀光ビルド

 

秀光ビルドは、自由設計をローコスト住宅でも取り入れているハウスメーカーです。

低価格でこだわりのある1人に1つの家を建てられます。

 

秀光ビルドが自由設計でローコスト住宅を建てられる理由は以下のとおりです。

 

  • 人件費をカット
  • モデルハウスを製作しない

 

秀光ビルドの坪単価は、30〜45万円ほどです。

低価格で、オリジナリティあふれる家を建てたい方に秀光ビルドはおすすめです。

 

ヤマト住建

 

ヤマト住建は、高性能・高断熱な住まいを提唱しているハウスメーカーです。

ヤマト住建が行っている取り組みは以下のとおりです。

 

  • ヒートショック防止のために、樹脂サッシや外張り断熱の採用
  • 「金物工法+パネル工法」や「制振ダンパー」の組み合わせ
  • 住宅設備に天然無垢材を活用

 

ヤマト住建の住宅は、様々な賞を受賞しています。

坪単価は、40〜55万円と低価格です。

 

コストパフォーマンスが高い家を建てたいのであれば、ヤマト住建がおすすめです。

 

エースホーム

 

エースホームとは、ヤマダエスバイエルと住宅建材メーカーのリクシルが共同出資して設立されたハウスメーカーのことです。

住宅性能や機能、構造面などコストパフォーマンスが高い住宅を建てるハウスメーカーとして高い人気を誇っています。

 

地元工務店としての小回りの利く柔軟な対応も実現しているため、お客様1人1人に合わせた家づくりが可能です。

 

ロイヤルハウス

 

ロイヤルハウスは、地域密着型のハウスメーカーです。

フランチャイズシステムを取り入れているハウスメーカーでもあるため、対応エリアは幅広いです。

 

ロイヤルハウスでは、住宅性能を高めるためにSSS工法を取り入れたり、資材一括仕入れでローコスト住宅を再現したりなど、様々な施策が取られています。

また、ロイヤルハウスはアフターサービス・保証なども充実しています。

 

アイ工務店

 

アイ工務店は、設立約10年の新しいハウスメーカーです。

住宅性能やデザイン性に優れたローコスト住宅を販売しています。

 

また、アイ工務店では定期的にキャンペーンやイベントなどが開催されています。

そのため、新しくアイ工務店を知った方でも関わりやすいハウスメーカーです。

 

アイ工務店では、営業担当者の提案力が優れていたり、保証範囲が地盤・設備機器まで幅広く行ってくれたりします。

 

ライフレーベル

 

ライフレーベルは、ゼロキューブを代表作に、様々な賞を受賞しているハウスメーカーです。

ライフレーベルでは、フランチャイズシステム方式を導入しているため、加盟店が設計・施工を行います。

 

そのため、幅広いエリアでの対応が可能です。

また、ライフレーベルではゼロキューブをはじめ、様々なローコスト住宅が販売されています。

 

例えば、どんな敷地にも対応した狭小住宅やデザイン性の高いシンプルな住宅などが用意されています。

また、アプリで家づくりのシミュレーションと費用相場も行えるため、時間がない方でもこだわりの家を建てられます。

 

ローコスト住宅とは?

ローコスト住宅メーカーランキング15選!住んでみて後悔はある?

 

そもそもローコスト住宅とは、一般的な注文住宅や建売住宅に比べ、安い価格で建てられている住宅のことです。

価格の安さが特徴的で、低価格の住宅であれば1,000万円で1軒建てることもできます。

 

とはいえ、ローコスト住宅は住宅性能や間取りの自由度などが、注文住宅や建売住宅に比べ、劣る可能性があります。

 

ローコスト住宅の価格相場

 

ローコスト住宅の価格相場は、坪単価で表記すると以下のとおりです。

 

  • 一般住宅:50~60万円
  • ローコスト住宅:30~50万円

 

一般住宅とローコスト住宅では、一般的に2倍ほどの坪単価の差があります。

あくまで坪単価は、価格相場を図る参考程度ですが、一般住宅とローコスト住宅でかなりの差があることを知っておきましょう。

 

ローコスト住宅が可能になった理由

 

ローコスト住宅が可能になった理由は、以下のとおりです。

 

  • 間取りや住宅性能が規格化されている
  • 規格住宅により、建材や資材が大量発注可能
  • 広告費や人件費を抑えてコストダウン

 

上記理由の他にも、ハウスメーカーによって大量に建材や資材を安く仕入れることができる流通ルートを確保しているケースがあります。

そのため、大量発注時の価格よりも更に安い価格で建材や資材を確保することができます。

 

また、ローコスト住宅では規格住宅が採用されているため、熟練工を必要としなくてよくなりました。

熟練工が必要としないことは、人件費削減にも繋がり、ローコスト住宅が可能になります。

 

ローコスト住宅の性能って大丈夫?

 

結論、ローコスト住宅といえ、建築基準法などの法律で定められたルールをクリアしています。

そのため、ローコスト住宅であっても最低限の住宅性能は担保されている状態です。

 

とはいえ、予算の関係から最低限の住宅性能しか確保できないため、快適に過ごすことが難しいケースがあります。

安全性はクリアしているけれど、快適さの充実度に欠けるのがローコスト住宅です。

 

ローコスト住宅の3つのメリットは?

ローコスト住宅メーカーランキング15選!住んでみて後悔はある?

 

ローコスト住宅のメリットは、以下の3つです。

 

  • 低予算でマイホームを手に入れられる
  • 打ち合わせ回数を減らすことができる
  • ハウスメーカーによって品質が一定

 

1つずつ順番に見ていきましょう!

 

低予算でマイホームを手に入れられる

 

ローコスト住宅は、低予算でマイホームを手に入れられます。

低予算でマイホームを手に入れられるということは、住宅ローンの借入額が少なくなり、毎月のローン返済の負担が軽減します。

 

その結果、子どもたちの将来へ向けての貯金ができたり、日常で使えるお金が増えたりなどのメリットが生まれます。

また、リフォーム・リノベーションを想定してローコスト住宅を購入し、貯金するのも1つの選択肢と言えるでしょう。

 

打ち合わせ回数を減らすことができる

 

ローコスト住宅の場合、打ち合わせ回数を減らすことができます。

なぜなら、ローコスト住宅の多くは、規格住宅になるため、すでに間取りや建て方が決まっています。

 

そのため、ハウスメーカーが提供している規格住宅のプランを決めることができれば、あとは打ち合わせをする必要がありません。

ローコスト住宅は、仕事や育児が忙しくて、時間が取れない方にとっておすすめです。

 

ハウスメーカーによって品質が一定

 

ローコスト住宅のメリットとして、ハウスメーカーによって品質が一定なことが挙げられます。

ローコスト住宅は、住宅が規格化されています。

 

そのため、作業手順や家づくりの強度などが明確に決まっています。

その結果、現場大工の腕に左右されない家づくりが可能です。

 

また、ハウスメーカーによっては、工場で加工・生産するケースもあります。

工場の場合は、機械が作業してくれるため、品質が異なることがありません。

 

ローコスト住宅のデメリットは?住んでみて後悔する?

ローコスト住宅メーカーランキング15選!住んでみて後悔はある?

 

次に、ローコスト住宅のデメリットについて下記の順序でご紹介します。

 

  • 間取りやデザイン等に制限がある
  • 住宅性能が劣っている可能性がある
  • 標準装備のグレードが低い
  • 保証やアフターサービスが不十分
  • オプション費用が高い

 

それぞれ順番に見ていきましょう!

 

間取りやデザイン等に制限がある

 

ローコスト住宅は、間取りやデザイン等に制限があります。

なぜなら、ローコスト住宅は住宅を規格化しているからです。

 

使用する建材やデザインなどは、すでに決まっているため、制限が生まれます。

「デザインにこだわりたい」「部屋数を増やしたい」などの要望を叶えるためには、オプションの使用が必要になります。

 

オプションは、費用が高くなる原因でもあるため、低予算で家を手に入れたい方にはおすすめできません。

 

住宅性能が劣っている可能性がある

 

ローコスト住宅は、住宅性能が一般的な価格で販売されている住宅よりも劣っている可能性があります。

劣っているといっても、危険というわけではありません。

 

ローコスト住宅であっても耐震性や耐火性などに対策した住宅は数多く建てられているため、安全に暮らせます。

しかし、快適さは一般的な住宅よりも劣っている可能性があります。

 

住宅の快適さとは、気密性などの居心地を左右する内容です。

ローコスト住宅では、住宅性能によって安全性は担保されているが快適さは劣るということが多くあるため、注意が必要です。

 

標準装備のグレードが低い

 

ローコスト住宅は、標準装備のグレードが低い傾向にあります。

水回りであるキッチンやトイレ、浴室などや外壁材・クロスなども費用を抑えるために、グレードが低いものを使用されているケースが多々あります。

 

標準装備のグレードを上げてしまうと、ローコスト住宅の提供は困難です。

そのため、ローコスト住宅の購入を検討している方は、標準装備のグレードは低いものと認識しておきましょう。

 

保証やアフターサービスが不十分

 

ローコスト住宅を提供しているハウスメーカー・工務店は、保証やアフターサービスが不十分な場合があります。

その理由は、保証やアフターサービスの期間が短かったり、人材不足していたりなど様々です。

 

保証やアフターサービスについては、複数社を比較・検討する際の指標になります。

家を建てた後に後悔しないためにも、保証やアフターサービスの内容を確認しておきましょう。

 

オプション費用が高い

 

ローコスト住宅は、オプション費用が高い傾向にあります。

そのため、建築費用を安く抑えるつもりが、家を建てる過程で、こだわりが強くなってしまいオプションを追加し、ローコスト住宅では無くなることがあります。

 

オプションを追加し、費用が高くなってしまうと、ローコスト住宅にする意味がありません。

どうしても費用を抑えてこだわりがある家を建てたい方は、自由設計を可能とするハウスメーカー・工務店を選びましょう。

 

ローコスト住宅を選ぶ際の注意点とは?

ローコスト住宅メーカーランキング15選!住んでみて後悔はある?

 

最後に、ローコスト住宅を選ぶ際の注意点を6つご紹介します。

 

  • 営業担当者を適当に選ばない
  • ハウスメーカーを比較・検討し、総額コストとオプション費用で比較する
  • ローコスト住宅に住んでみて感じている後悔や評判の声を確認する
  • 住宅性能の高さやアフターサービスの手厚さの優先度を上げる
  • 洋室と和室で価格が異なる可能性がある
  • オプションの内容や価格を調べておく

 

ローコスト住宅選びで後悔しないためにも、最後までチェックしてくださいね!

 

営業担当者を適当に選ばない

 

ローコスト住宅選びに失敗しないためにも、営業担当者を適当に選ばないようにしましょう。

なぜなら、営業担当者を適当に選んでしまうと、品質の低い家が建てられたり、要望が叶えられなかったりします。

 

建てた後に「営業担当者が違っていれば、もっといい家ができた」と後悔しないためにも、良い営業担当者を選びましょう。

良い営業担当者のポイントは以下のとおりです。

 

  • 丁寧な対応と打ち合わせ時間を割いてくれる
  • 具体的な提案をしてくれる
  • フィーリングが合う

 

ハウスメーカー・工務店によっては、営業担当者が変えられないケースがあります。

その場合は、担当者以外に関わりがある人に直接相談し、営業担当者の変更をお願いしましょう。

 

ハウスメーカーを比較・検討し、総額コストとオプション費用で比較する

 

ローコスト住宅を選ぶ際、ハウスメーカーを比較・検討し総額コストとオプション費用で比較しましょう。

なぜなら、ローコスト住宅を提供しているハウスメーカーによって、コストやオプション費用が全く異なるからです。

 

比較・検討する場合、相見積もりを取りましょう。

相見積もりでは、下記の内容に注意してください。

 

  • 条件・要望に関して、統一して相見積もりを受ける
  • 無理のない範囲の金額を予算に据える
  • 項目に含まれる費用の違いを比較

 

ハウスメーカーの比較・検討は、ローコスト住宅選びに限らず、家選びを行うのであれば必須です。

家を建てた後に後悔しないためにも、しっかりと比較・検討し、総額コストとオプション費用に関しても算出しましょう。

 

ローコスト住宅に住んでみて感じている後悔や評判の声を確認する

 

ローコスト住宅選びでは、実際に住んだ人が発する後悔の言葉や評判の声などが参考になります。

本当に価値のある参考情報は、インターネットに載っている情報ではなく、経験者のリアルな声です。

 

インターネットでは、家づくりブログを掲載している方が多くいます。

そういった方々の内容を参考にすることはもちろん、限定的にハウスメーカーを絞って調べたいのであれば、「ハウスメーカー ブログ」と検索窓に打つだけで、住んでみて感じている後悔や評判の声を確認することができます。

 

住宅性能の高さやアフターサービスの手厚さの優先度を上げる

 

ローコスト住宅を選ぶ際、住宅性能の高さやアフターサービスの手厚さの優先度は上げておきましょう。

なぜなら、ローコスト住宅の場合、住宅性能やアフターサービスの質が低いと割り切って優先度を下げてしまうと、住んだ後に後悔するからです。

 

住宅性能は、日常の快適さに影響します。

また、アフターサービスは長期的に住み続けるなかで、家の健康を維持する最も重要なサービスです。

 

建てるときだけでなく、住んだ後のことも考えて、住宅性能の高さやアフターサービスの手厚さの優先度を上げておきましょう。

 

洋室と和室で価格が異なる可能性がある

 

ローコスト住宅は、洋室と和室で価格が異なる可能性があります。

そのため、選ぶ際に洋室と和室の価格をチェックしておく必要があります。

 

基本的に、和室は無垢材や畳などを取り入れるため、価格が高くなる傾向です。

そのため、ローコスト住宅には不向きな製品として間取りに取り入れていないハウスメーカーもあります。

 

どうしても和室を取り入れたいのであれば、追加費用の支払いを行い、和室を取り入れるか、和室と洋室をミックスしている間取りを取り扱っているハウスメーカーを選ぶかの2択が最善策です。

 

オプションの内容や価格を調べておく

 

ローコスト住宅を選ぶ際、ハウスメーカーごとのオプションの内容や価格を調べておきましょう。

なぜなら、標準仕様の状態に満足できないからと、オプションを追加しすぎてしまえば、ローコスト住宅ではなくなるからです。

 

ハウスメーカーによっては、高いオプションを付けさせることで利益を確保するための施策を取っている企業もあります。

「いつの間にか高額費用を支払うことになった」「住宅ローンの高額借入が必要になった」などを避けるためにも、事前にオプションの内容や価格を調べておきましょう。

 

まとめ

ローコスト住宅メーカーランキング15選!住んでみて後悔はある?

 

ローコスト住宅を行っているハウスメーカーは限られています。

そのため、初めにおこなうハウスメーカーの比較・検討から自分に合った家を選ぶための勝負が始まっています。

 

ハウスメーカーの比較・検討と同じくらい、家を建てる際に叶えたい希望や要望などのコンセプトも考えておく必要があります。

コンセプトによって、ハウスメーカーを決められることもあります。

 

自分に合った家を選ぶためにも、ハウスメーカーの比較・検討や家を建てる際のコンセプトを明確にし、ご自身に合ったハウスメーカーを選びましょう!

 

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる