タマホームで平屋が500万円?間取りは?プランの詳細を解説!

タマホームで平屋が500万円?間取りは?プランの詳細を解説!

 

「タマホームで平屋が500万円で建つって本当?間取りがどうなるか気になる!」

 

家を建てたいと考えているものの、費用の問題から手を出せないという人は多いです。

そんな中で、タマホームでは500万円で平屋が建てられるといううわさを耳にし、興味を持った方もいるでしょう。

 

  • 本当に平屋が500万円で建てられるの?
  • 500万円台で平屋を建てられる住宅メーカーはある?
  • 平屋を500万円台で建てる時の注意点やポイントは?

など、気になることは多いはず。

 

そこで今回は、『本当に平屋が500万円でたてられるの?』という疑問に答えつつ、その注意点やポイントをご紹介していきます。

また、500万円台で平屋を建てられる住宅メーカーも紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください!

 

目次

タマホームで平屋が500万円で建てられるって本当?どんな商品?

タマホームで平屋が500万円?間取りは?プランの詳細を解説!

 

もしも本当に、500万円で平屋が建てられるのならばそれはかなり魅力的でしょう。

そして、そのような商品が実在したとすれば、どんな平屋が建てられるのかも気になってくるはずです。

 

そこでまずは、『本当に平屋が500万円でたてられるの?』という疑問に答えつつ、その商品についてもご紹介していきます!

 

かつて500万円台から建てられる「大安心の家5」があった

 

タマホームには、かつて500万円台から建てられる「大安心の家5」というプランがありました。

このプランは、「大安心の家」を規格型住宅として売り出すことで超安価を実現した商品です。

 

そのため、低価格を強みとして宣伝しており、「500万円で家が建てられる」といううわさの元となった商品でもあります。

また、値段の割に標準設備が整っており間取りの選択肢も多いプランだったようです。

 

しかし、低価格で人気が高かったこのプランも現在では取扱いがありません。

そのうえ、どのような理由で販売を停止しているかは明らかになっていないので、再販売などの可能性も高くはないでしょう。

 

ただし諸経費を入れると1,000万円近くになるプランだった

 

低価格をうたっていた「大安心の家5」シリーズですが、それはあくまでも本体価格の話です。

そのため、諸経費を入れると1,000万円近くになってしまうプランでした。

 

実際には、500万円で家が建てられるという宣伝文句で販売されていたわけですから、この価格差にはびっくりです。

しかし、タマホームはこの事実を隠して販売をしていた訳ではありません。

 

というのも、タマホームは商品の質にも自信を持って販売をしているため、集客さえできれば問題がなかったからです。

また、1000万円近くになってしまったとしても他社よりも安いのは事実でした。

 

これらの理由から、「大安心の家5」シリーズは炎上をすることもなく、タマホームの格安プランとして話題となったのでしょう。

 

現在は「シフクノいえ」という似たプランがある

 

先述した通り、格安の規格型住宅として高い質を誇っていた「大安心の家5」シリーズは現在は販売がされていません。

しかし、同じ規格型住宅のプランとして「シフクノいえ」というプランがあります。

 

これは、「大安心の家5」シリーズと同様で規格型住宅として販売することで、驚きの価格を実現した住宅プランです。

また、格安の規格型住宅と言っても選択肢が少ないわけではありません。

 

というのも、選択肢の多さも「シフクノいえ」の強みの一つであり、その数はなんと100種類以上にも及ぶからです。

そして同様に、「大安心の家5」シリーズも選択肢の多さを強みの一つとしていました。

 

このように、この二つの商品は似た特徴が多く代用としても十分に検討できるシリーズといえます。

 

「シフクノいえ」はない期間もあり、900万円台から

 

「シフクノいえ」は、不定期の期間限定で販売されておりその価格は900万円台からです。

このシリーズは、「大安心の家5」とは違い500万円台での販売をアピールしている商品ではありません。

 

ですがその分、品質の向上をアピールして販売がされています。

そのうえ、価格は必要な経費のすべてを盛り込んだ値段で販売されているため、予想外の出費に悩まされる心配もありません。

 

また、「シフクノいえ」シリーズは「大安心の家5」シリーズとは違い、不定期かつ期間限定で販売される商品です。

つまり、このプランで家を建てたいのであれば時期を調べて狙いを定める必要があります。

 

このように、実際には「大安心の家5」シリーズとは異なる部分が多く、500万円台で購入もできないプランです。

しかし、それでも格安であることは間違いなく、格安物件としては選択肢の一つとして入ってくる商品でもあります。

 

「シフクノいえ」のベーシックな間取りは1LDK

 

「シフクノいえ」プランは規格型住宅として販売されており、ベーシックな間取りは1LDKです。

というのも、「シフクノいえ」プランは貯蓄の少ない若い世代に向けて販売されているから。

 

たとえば、家族形態が夫婦のみといった少数の場合は、そこまで広い居住スペースを必要としません。

とくに、20代は家庭を作り始める年代なので夫婦のみという家族形態が多いです。

 

加えて、貯蓄は少ないけど若いうちに家を建てたいと考える夫婦も多く、価格の安いシンプルな間取りに需要があります。

つまり、価格と広さの両方で20代夫婦の需要にマッチしている間取りが1LDKということです。

 

そしてそれが、「シフクノいえ」が1LDKに力を入れている理由でもあります。

ちなみに、2LDK以上の間取りも用意されているので、そういった需要に対しても問題なく対応が可能です。

 

500万円台で平屋を建てられる住宅メーカーはある?一覧を紹介

タマホームで平屋が500万円?間取りは?プランの詳細を解説!

 

ここまでで、タマホームの格安プランについてご紹介してきました。

しかし、タマホームの格安プランでは、500万円台で平屋を建てるのが難しいというのが現実です。

 

そして同時に、「他に500万円で建てられる住宅メーカーはないの?」という疑問も抱いたはず。

そこでここからは、『500万円台で平屋を建てられる住宅メーカー』を一覧にしてご紹介していきます。

 

以下が、『500万円台で平屋を建てられる住宅メーカー』の一覧です。

  • ヒラキハウジング「建つんです500」
  • 友建設「夢55の家」
  • アーネストワン「クレイドルパレット580」
  • 楽ちん住宅「R-01」
  • みんなの平屋「1LDK」
  • コンパクトホーム「1LDK」

 

これらの住宅メーカーは、どこもタマホームに負けないほどのクオリティで平屋が建てられます。

そのうえ、間取りやデザインなどの選択肢が多い住宅メーカーばかりです。

 

もちろん、タマホームほどに間取りが充実していませんが、それでも十分と言えるほどの選択肢が存在します。

しかしながら、ここまで安い住宅メーカーは地域密着型が多いというのも事実です。

 

そのため、住みたい地域によってはどうしても建築が難しくなる場合があり、その点は大きなデメリットといえるでしょう。

また、500万円台というのは、あくまで消費税抜きでの状態という点にも注意が必要です。

 

実際には、600万円台になってしまうことがほとんどですが、それでも格安で平屋が建てられるのには間違いがありません。

このように、500万円台で平屋を建てるのは容易ではないと覚えておきましょう。

 

ちなみに、アイダ設計さんでもかつては「555万円の家」というプランを扱っていました。

ところが、現在では「888万円の家」というプランに変更されており、格安で平屋を建てる住宅メーカーの希少性が高まっています。

参考:https://www.uclid.org/tamahome-500

参考:https://chuumonjutaku.com/tamahome/5-million-yen.html

 

平屋を500万円台で建てる際に気をつけるべき注意点やポイントは?

タマホームで平屋が500万円?間取りは?プランの詳細を解説!

 

ここまでで、タマホームを中心に平屋を500万円台で建てられる住宅メーカーを紹介してきました。

そして実際に、500万円台で平屋の購入を検討している方もいるのではないでしょうか。

 

そこで最後に、『平屋を500万円台で建てる際に気を付けるべきポイント』をご紹介していきます。

住宅メーカーを検討している場合は、参考にしてみてください!

 

広さは期待できないことが多い

 

まず、500万円台で平屋を建てる場合には、広さに期待ができないことが多いということを理解しておきましょう。

というのも、500万円台で実現可能な広さには限界があるからです。

 

そのため、500万円台で販売している間取りには1LDKがもっとも多く、それ以上の広さを望むとどうしても費用がかさみます。

それは、どの住宅メーカーでも共通しているため、そこが限界まで削減した間取りで実現できる広さなのでしょう。

 

したがって、500万円台で広い物件が建てられる住宅メーカーを見つけた場合は、どこかに欠陥がないか注意した方が良いです。

もしも、2LDKなどの広い物件を求めているなら500万円台はハードルが高いと言えます。

 

これらの理由から、500万円台で平屋を建てる場合は広さに期待をしないようにしましょう。

 

建てられないエリアもある

 

500万円台で平屋を建てる場合は、建てられるエリアにも注意しましょう。

というのも、500万円台で平屋が建てられるという住宅メーカーは、地域密着型が多いからです。

 

反対に、知名度の高い大きな住宅メーカーでは対応エリアが広いですが、500万円台で建てられる商品はほとんどありません。

それは、地域密着型の住宅メーカーがローコストを戦略として販売しているためでしょう。

 

そうすることで、大手住宅メーカーに負けない商品を売り出していると考えられます。

つまり、全国に対応できる大手住宅メーカーではローコストで販売するメリットも少なく、無難な価格になるケースが多いです。

 

これらの理由から、残念ながら500万円台では平屋が建てられないエリアが存在します。

もしも、住みたい地域に対応している住宅メーカーが存在しない場合は、検討するエリアを広げる必要が出てくるでしょう。

 

デザインに自由がきかない

 

500万円台で平屋を建てようと思った場合は、デザインに自由がきかないという点にも注意しましょう。

なぜかというと、このような商品は規格型住宅として売り出すことでローコストを実現しているからです。

 

つまり、規格に存在しないデザインを選ぶことはできず自由度が高くありません。

もちろん、メーカーによってはその点を工夫している商品も存在します。

 

しかし、それでもデザインの自由度にはどうしても限界があるため、こだわりたい方には不満の原因になるかもしれません。

これらの理由から、500万円台の平屋はデザインを重視した建築には向いてないと言えます。

 

もしも、「自由に思い描いた平屋を建築したい!」というような場合は、500万円台での建築を諦めた方が無難です。

 

建てた後の手厚いサポートが受けられない

 

500万円台で平屋を建てた場合に、建築後の手厚いサポートを受けられない可能性があります。

というのも、格安の規格型住宅では法律で義務付けられている保険が少ないからです。

 

そのうえ、定期点検の回数もごくわずかしか行われないため、500万円台という安さでは受けられるサポートに限界があります。

そうなると、どうしても建築後に十分な保証やサポートが受けられません。

 

もしも、建築後に手厚いサポートを受けたいのであれば、さらに費用の上乗せが必要となる可能性もあります。

このように、格安の規格型住宅はサポートの面で不安や不便さが多く、気になる方は避けた方が良いです。

 

まとめ

タマホームで平屋が500万円?間取りは?プランの詳細を解説!

 

今回は、タマホームを中心に500万円台で建てられる平屋をご紹介しました。

残念ながら、現在のタマホームではうわさの元となった「大安心の家5」シリーズを取り扱っていません。

 

そのため、平屋を500万円台で建てるというのは難しく、類似の「シフクノいえ」シリーズでも1000円近くかかります。

しかし、他の住宅メーカーに目を向ければ500万円台で平屋を建てることも可能です。

 

ただし、このように格安の平屋を実現できるような住宅メーカーは、地域密着型が多く建てられるエリアに制限があります。

そのうえ、デザインに自由がきかなかったり、サポートが充実していなかったりと後から不安や不満の元となる要素が多いです。

 

また、どうしても広さを控えめにする必要があるため、大人数での居住に向いていません。

とはいえ、単身や二人暮らしといった少数で短期間の居住をする場合は、お得な商品であることも事実です。

 

もしも、500万円台で平屋を建てる場合は、この記事でご紹介したようなデメリットを覚えておきましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる