ローコスト住宅はやばい?恥ずかしい?おすすめしない理由を解説!

ローコスト住宅はやばい?恥ずかしい?おすすめしない理由を解説!

 

「ローコスト住宅を建てたいと考えているのだけれど、やばい・恥ずかしいといった声を耳にするのだろうけど大丈夫なのだろうか」

 

ローコスト住宅とは、一般的な注文住宅よりも安く建てられる家のことです。

 

  • ローコスト住宅に住んでみて感じる評判や口コミとは?
  • ローコスト住宅のメリット・デメリットとは?
  • ローコスト住宅を選ぶときの注意点とは?

 

このように、気になることがたくさんあるのではないでしょうか?

そういうわけで今回は、ローコスト住宅を建てたい方へ「ローコスト住宅は本当にやばいのかどうか」について詳しくご紹介していきます!

 

目次

ローコスト住宅に住んでみて感じたやばい評判や口コミ

ローコスト住宅はやばい?恥ずかしい?おすすめしない理由を解説!

 

初めに、ローコスト住宅に住んでみて感じたやばい評判や口コミを下記の順序でご紹介します。

 

  • 断熱性が劣っている
  • オプション追加で費用がかさむ
  • 施工が雑なケースが多い
  • 営業担当者の質が低いケースがある

 

1つずつ順番に見ていきましょう!

 

断熱性が劣っている

 

自宅は3年前に建てたローコスト住宅。実家は住友林業で最近建てた家。部屋の暖かさが全然違うんですが…やっぱり値段の差かな…

 

寒冷地住まいではないのでオプションで断熱のグレードを上げなくても大丈夫かな。と思ったのが失敗。夏は暑く冬は寒い。気密性能も低いので冷暖房のききも悪い

 

ローコスト住宅のやばい評判や口コミには、断熱性が劣っているといった内容が挙げられています。

断熱性能は地域によって重要視される度合いが異なりますが、寒暖差が激しい地域では重要視したい内容ですね。

 

オプション追加で費用がかさむ

 

マイホーム、オプションに100万ってやばい…?でもうち、ローコスト住宅だから、普通のハウスメーカーで標準仕様のものとかオプションなんだけど…どんなもんなんや…?

 

ローコスト住宅のやばい評判や口コミには、オプション追加で費用がかさむといった内容が多く挙げられています。

費用が抑えられるローコスト住宅とはいえ、オプション費用がかさんでしまうと、高額費用を支払わないといけなくなります。

 

そのため、オプション費用については、事前に確認しておきましょう。

 

施工が雑なケースが多い

 

雨樋が外れました。他所の工務店に見に来てもらったら、目地にネジを入れているから、夏とかは緩くなって外れると言われました。

 

ローコスト住宅のやばい評判や口コミには、施工が雑なケースが多いといった内容が挙げられています。

施工が雑になってしまうと、家自体の品質・性能が落ちてしまいます。

 

そのため、家を建てるときには施工会社を慎重に選ぶ必要があります。

 

営業担当者の質が低いケースがある

 

ローコスト住宅を予定してたが対応が悪い、ミスがある、依頼したことが出来ない、とのことで契約解除したいが解除なら実費精算。

 

ローコスト住宅のやばい評判や口コミには、営業担当者の質が低いケースがあるといった内容が多く挙げられています。

営業担当者は家づくりに大きく関わってきます。

 

そのため、営業担当者の質が悪いと、家づくりをスムーズに進められなかったり、品質が落ちたりなどが起こってしまいます。

 

ローコスト住宅に住んでみて感じた良い評判や口コミ

ローコスト住宅はやばい?恥ずかしい?おすすめしない理由を解説!

 

ローコスト住宅に住んでみて感じた良い評判や口コミは、以下のとおりです。

 

  • 費用が安い
  • 工期が短く短時間で家を建てられる
  • リフォーム・リノベーションを簡単にできる
  • こだわり部分にお金をかけられる

 

1つずつ順番に見ていきましょう!

 

費用が安い

 

ローコスト住宅メーカーで注文住宅は良いぞ。盛りに盛りまくって面白いことしまくっても、普通クラスの注文住宅より安いぞ。たとえばこんな無駄な吹き抜けと窓。

 

ローコスト住宅の良い評判や口コミには、費用が安いといった内容が挙げられています。

ローコスト住宅は規格住宅が採用されているため、費用を安く抑えられます。

 

費用が安いといった内容は、家を建てる側からしても大きなメリットになるのではないでしょうか。

 

工期が短く短期間で家を建てられる

 

ローコスト住宅でお得に自宅を建築。通常50万円の坪単価が30万円にまで抑えられることもあり、材料の大量仕入れや資材を限定することで材料費を削減可能。大々的な宣伝を控えローカルCM限定にするなど広告費を削減・販売を不動産会社に任せ人件費を削減可能で、規格住宅で建築も短期間なので費用に加え時間も節約できる!

 

ローコスト住宅の良い評判や口コミには、工期が短く短期間で家を建てられるといった内容が挙げられています。

ローコスト住宅の多くは、建材や間取りが決まっている規格住宅です。

 

そのため、工期が短く短期間で家を建てることができます。

 

リフォーム・リノベーションを簡単にできる

 

ちびちゃん4人おるし、騒音問題とかのびのび育つこと考えると戸建て推し!そして、戸建て買うならローコスト住宅推し!老後は建て替えかマンションへ…市内で庭つきは無理やけど。代わりに屋上つきで…!

 

ローコスト住宅の良い評判や口コミには、リフォーム・リノベーションを簡単にできるといった内容が挙げられています。

リフォーム・リノベーションを簡単にできることで、ライフスタイルに合わせた生活を日々過ごせます。

 

こだわり部分にお金をかけられる

 

自分が何を求めてるかしっかり深掘りして、こだわりのない所は全然こだわらんかったし、こだわりのある所はめっちゃこだわった!コーディネーターさんとか付くような良い所で建ててないけど、自分のニーズ把握がしっかりできてたから、ローコスト住宅でも後悔のない快適すぎるマイホームになった〜

 

ローコスト住宅の良い評判や口コミには、こだわり部分にお金がかけられるといった内容が挙げられています。

一生に一度の家だからこそ、こだわりたい部分にお金をかけたいと感じるでしょう。

 

そういった方でもローコスト住宅は費用がそれほどかからないため、こだわりたい部分にもお金をかけられますよ。

 

ローコスト住宅の3つのメリットとは?

ローコスト住宅はやばい?恥ずかしい?おすすめしない理由を解説!

 

ローコスト住宅のメリットは、以下の3つです。

 

  • 低価格で住宅を建てられる
  • 要望がなくても家を建てられる
  • 工期が短い

 

それぞれ順番に見ていきましょう!

 

低価格で住宅を建てられる

 

ローコスト住宅は低価格で住宅を建てられます。

なぜなら、ローコスト住宅では間取りや仕様が予め決まっている規格住宅が採用されていることが多いからです。

 

規格住宅は、必要な建材が決まっているため大量仕入れが可能になったり、何度も建てている家になったりすることから人件費の削減に繋がったりといった効果が期待できます。

ローコスト住宅は安いからといって、快適性や安全性が一般的な住宅よりも劣っているわけではありません。

 

高品質のローコスト住宅を提供しているハウスメーカーも多くあります。

 

要望がなくても家を建てられる

 

ローコスト住宅は、仕様やプランが決まっている規格住宅が多くなるため、要望がなくても規格住宅の種類さえ選べば家を建てられます。

家づくりを行うときには、様々なことを決定していかなくてはいけません。

 

しかし、ローコスト住宅では決定していかなくてはいけない内容が少なくなるため、家づくりに要望がなくても家を建てることができます。

 

工期が短い

 

ローコスト住宅のメリットとして、工期が短いことが挙げられます。

先述した通り、ローコスト住宅は規格住宅が採用されていることが多いです。

 

規格住宅は、材料や設備の規格・仕様が予め決まっています。

そのため、大部分の作業をパターン化することができます。

 

パターン化した家づくりの作業は、考えながら施工していく注文住宅よりも考えることが少ないため、短い工期で家を建てられます。

 

ローコスト住宅の5つのデメリットとは?

ローコスト住宅はやばい?恥ずかしい?おすすめしない理由を解説!

 

ローコスト住宅のデメリットは、以下の5つです。

 

  • 間取りの自由度が効かない
  • 住宅性能が低い
  • 標準装備のグレードが劣っている
  • メンテナンスコストが高い
  • 保証・アフターサービスが見劣りする

 

1つずつ順番に解説していきます!

 

間取りの自由度が効かない

 

ローコスト住宅は、間取りの自由度が効かないことが多いです。

なぜなら、ローコスト住宅は費用を抑えるために、シンプルな間取りを採用していることが多いからです。

 

そのため、間取りへのこだわりを持っている方の希望が通らない場合があります。

 

住宅性能が低い

 

ローコスト住宅では、住宅性能が低いケースもあります。

住宅性能とは、家に関係する耐久性や耐火性などの性能のことです。

 

ローコスト住宅は、安全性が全く確保されているわけではありませんが、最低限の建築基準法に沿った設計・施工しか行われていないケースがあります。

そのため、一般的な注文住宅や戸建住宅と比べると、住宅性能面で見劣りすることがあります。

 

標準装備のグレードが劣っている

 

ローコスト住宅は、一般的な注文住宅や戸建住宅と比べて、標準装備のグレードが劣っている可能性があります。

ローコスト住宅の標準装備は使用上の問題はありませんが、費用を抑えるためにグレードを下げているケースがあります。

 

ハウスメーカによってはオプションでグレードを上げることも可能です。

しかし、低価格で家を建てたいと考えている方にとってはオプション費用がかかってしまうため、デメリットになりかねません。

 

メンテナンスコストが高い

 

ローコスト住宅は、10〜20年後のメンテナンスコストが高い傾向にあります。

なぜなら、ローコスト住宅は建てるときの費用を最小限に抑えているため、使用している建材の劣化が早いからです。

 

メンテナンス頻度は、内装が1〜5年ほど、外装が5〜10年ほどになります。

ローコスト住宅とはいえ、しっかりとメンテナンスプランを立てて実行していけば、安心・安全の家に住み続けることができます。

 

しかし、費用がかかってしまうため、建てる前にメンテナンス費用の予算確保が必要です。

 

保証・アフターサービスが見劣りする

 

ローコスト住宅は、他ハウスメーカ―に比べ保証・アフターサービスが見劣りすることがあります。

注文住宅を取り扱っているハウスメーカーによっては、50〜60年の長期保証が一般的です。

 

しかし、ローコスト住宅を取り扱っているハウスメーカーの保証・アフターサービスは30〜40年になるため、比較すると期間的に見劣りします。

 

ローコスト住宅を建てるときに注意すべき5つのポイント

ローコスト住宅はやばい?恥ずかしい?おすすめしない理由を解説!

 

ローコスト住宅を建てるときには、下記の5つのポイントについて注意しましょう。

 

  • 間取りやデザインを比較・検討する
  • 金額のみで比較しない
  • 営業担当者を見極める
  • 建築実績や実例を確認する
  • 実生活のイメージを行う

 

それぞれ順番に見ていきましょう!

 

間取りやデザインを比較・検討する

 

ローコスト住宅を建てるときには、間取りやデザインを比較・検討しましょう。

ローコスト住宅によって、選べる間取りやデザインは大きく異なります。

 

1つの間取りやデザインだけを選んでしまうと、別のハウスメーカーであれば自分の望む間取りやデザインができたと思ってしまうことがあります。

家を建てた後に後悔しないためにも、間取りやデザインを選ぶときは複数のローコスト住宅を比較・検討しましょう。

 

金額のみで比較しない

 

ローコスト住宅を選ぶときは、金額のみで比較してはいけません。

なぜなら、金額が高いからといって自分の望みを叶えてくれる家づくりができるとは限らないからです。

 

そのため、家づくりの際は金額で判断するのではなく、自分の望みとマッチするハウスメーカーの強みや特徴、工法などを基に比較しましょう。

また、保証期間やアフターサービスの質での比較・検討もおすすめです。

 

営業担当者を見極める

 

ローコスト住宅を選ぶときは、営業担当者を見極めましょう。

営業担当者は、家づくりのスピードや品質に大きな影響を与えます。

 

営業担当者が知識・経験が豊富であれば様々な提案や対応を期待できるでしょう。

しかし、知識・経験が乏しい営業担当者は、提案力や対応力が低いといった傾向があります。

 

また、無理な営業を吹っ掛けてきたり、連絡が遅かったりなど、営業担当者を見極めないと家づくりが行いにくくなります。

気持ちよくスムーズにローコスト住宅を選ぶためにも、営業担当者の見極めは欠かせません。

 

建築実績や実例を確認する

 

ローコスト住宅を選ぶときは、建築実績や実例を確認しましょう。

ローコスト住宅は、既に決められている規格住宅から選ぶことが多くなります。

 

そのため、ローコスト住宅を取り扱っているハウスメーカーのホームページには、数多くの建築実績や実例が載っています。

複数の建築実績や実例を確認することで、自分の要望とローコスト住宅を取り扱っているハウスメーカーとのマッチが発生することがあります。

 

ハウスメーカー選びの決め手にもなるため、複数社の建築実績や実例を確認することはおすすめです。

 

実生活のイメージを行う

 

ローコスト住宅を選ぶときは、実生活のイメージを行いましょう。

実生活のイメージを行うことで、どういった間取りを求めているのかやデザインはどういったものが良いのかなどが明らかになってきます。

 

イメージさえ明らかにしておけば、ハウスメーカーもローコスト住宅の提案がしやすくなるため、スムーズに家づくりが進められます。

 

ローコスト住宅を恥ずかしいと思わないための方法

ローコスト住宅はやばい?恥ずかしい?おすすめしない理由を解説!

 

ローコスト住宅を恥ずかしいと思わないためにも、以下のポイントにこだわって家づくりを行いましょう。

 

  • 外装に凹凸部分をつけて重厚感を出す
  • 道路から見える玄関周りや外構をこだわる
  • 「見せる」「見せない」の区別をつけ、見せる部分に費用をかける

 

ローコスト住宅の外観デザインは、長方形・総二階といった方法が取られています。

そのため、外側から見ると安っぽい感じに見られることがあります。

 

しかし、外装に凹凸部分をつけることで、重厚感を出せます。

また、道路から見える玄関周りや外構にこだわることで、ローコスト住宅と思わせない家づくりが可能です。

 

ローコスト住宅を購入するということは、家づくりに費用がそれほどかけられないといった方が多いでしょう。

そのため、恥ずかしさを隠すために全ての箇所に費用をかけようとするのではなく、外部から「見せる」「見せない」の区別をつけ、見せる部分に費用をかけることで、費用を抑えた恥ずかしいと思わない家づくりができます。

 

ローコスト住宅の10〜20年後の現状は?

ローコスト住宅はやばい?恥ずかしい?おすすめしない理由を解説!

 

ローコスト住宅の10〜20年後は、一般的な戸建て住宅や注文住宅と比べると、メンテナンス費用や修繕費などが高くなる傾向にあります。

ローコスト住宅のメンテナンス頻度は下記の通りです。

 

  • 内装:1~5年
  • 外装:5~10年
  • 設備交換・修繕工事:10~20年に1度

 

ローコスト住宅は、初期費用が抑えられる分、メンテナンスの頻度が高くなります。

また、保証期間が短いハウスメーカーもあるため、注意が必要です。

 

とはいえ、しっかりとしたメンテナンスプランを立てて実行さえすれば、10〜20年後も快適・安全な住まいが可能です。

10〜20年後も快適・安全な住まいを叶えるためにも、家づくりの際にメンテナンスプランの作成を行いましょう。

 

まとめ

ローコスト住宅はやばい?恥ずかしい?おすすめしない理由を解説!

 

ローコスト住宅は、建てた人によってやばい評判や口コミがあります。

そのため、ハウスメーカーを選ぶ際に、慎重に5つのポイントを押さえて選ぶ必要があります。

 

また、ローコスト住宅は少しの工夫で恥ずかしいと感じない外観やデザインを作ることが可能です。

さらにしっかりとしたメンテナンスプランを立てて実行すれば、長期的に安心・安全の家に住み続けられます。

 

今回の内容を押さえ、満足のいくローコスト住宅を選びましょう!

 

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる