耐震等級3のハウスメーカー7選!後悔しない地震に強い家の選び方

耐震等級3のハウスメーカー7選!後悔しない地震に強い家の選び方

 

「地震に強い家を建てたい!耐震等級3のハウスメーカーはどこ?ハウスメーカーを選ぶときに後悔しないポイントも知りたい!」

 

耐震等級3のハウスメーカーで、地震に強い家を建てたいと思う方は多いのではないでしょうか。

人生の中でも大きな買い物であるマイホームですから、地震が多い日本では耐震性に重きをおいて家を建てるのは大切なことですよね。

 

  • 耐震等級3のハウスメーカーってどこ?
  • 耐震等級3のハウスメーカーにはそれぞれどんな特徴がある?
  • 耐震性でハウスメーカーを選ぶときに後悔しないようにするには?

 

など、家を建てるにあたっては耐震等級3のハウスメーカーについて知りたいことがあるのではないでしょうか?

そこで今回は、耐震等級3のハウスメーカー7選をご紹介します。

 

マイホームを建てて後悔しないよう、地震に強い家の選び方もご紹介するので、これから地震に強い家を建てたいと考えている方はぜひ参考にしてください!

 

目次

「耐震等級3」の地震にも強いハウスメーカー7選

耐震等級3のハウスメーカー7選!後悔しない地震に強い家の選び方

 

「耐震等級3」の家は、震度6強を超える地震がきても住み続けられるほど強い耐震性能を持っています。

これほど耐震性能の高い家を建てられるハウスメーカーは、以下のとおりです。

 

  • 積水ハウス
  • 一条工務店
  • 住友林業
  • パナソニックホームズ
  • セキスイハイム
  • ミサワホーム
  • アキュラホーム

 

このあと、それぞれのハウスメーカーの特徴についてご紹介していきます!

 

積水ハウス

 

最初に紹介するのは、国内ハウスメーカーの中でも知名度が高い「積水ハウス」です。

木造・鉄骨造の両方に対応しており、耐震性も抜群なのが積水ハウスの住宅ですね。

 

鉄骨造では震度を制御する独自の構造を開発し、震度7程度の大きな地震にも対応できると想定されています。

実際、阪神・淡路大震災や東日本大震災などの大地震において、積水ハウスで建てた住宅の倒壊はなかったとのことです。

 

これらの大地震のときに、全壊だけでなく半壊もなかったのは驚きですよね。

日本はいつ、どこで再び大きな地震が起きるかわかりませんから、しっかりした住宅に住みたい方にとって積水ハウスは頼りになります。

 

なお、積水ハウスは高級感のある造りも特徴の一つといえるでしょう。

耐震性だけでなく、住宅の雰囲気にもこだわりたい方は、積水ハウスをチェックすることをおすすめします!

 

一条工務店

 

一条工務店は、全国に展開している大手のハウスメーカーです。

住宅の建て方だけでなく地盤の強さにも気を配り、常に「どの状態で建てると耐震性が高くなるか」を追求しています。

 

設立当初から耐震性にこだわり続けてきているため、地震に強い家づくりには妥協がありません。

耐震実験も実物大の建物で行い、実際の状況を想定しながら研究を続けています。

 

耐震等級3は当たり前で、それを超える耐震基準を独自で設定している点からも、耐震性に関しては強く信頼できるでしょう。

耐震性を最重要視する方にはおすすめのハウスメーカーです。

 

なお、住宅は木造構造で、デザインは伝統和風やヨーロピアンなどさまざまなものがあります!

全国各地に住宅展示場がありますので、興味のある方は実際に家を見てみてはいかがでしょうか。

 

住友林業

 

住友林業は、木造住宅にこだわりを持つ大手ハウスメーカーです。

本物の木を活かした住宅は、鉄骨にも負けない耐震性を兼ね備えています。

 

木は地震に弱いようなイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません。

高層ビルの耐震性を高めるラーメン構造を初めて木造住宅に取り入れ、「自由な間取りでも地震の強い家」を建てることに成功したのも住友林業。

 

木造注文住宅で、木の素材の温もりを感じながらも地震に強い家に住み続けることができます。

「好きな間取りにしても耐震等級3の家を建てたい」という方にピッタリです。

 

なお、住友林業には、独自の長期メンテナンスプログラムがあります。

メンテナンスを受けることで家の品質を保てるので、建築後もよい状態を保ちやすいでしょう!

 

住友林業にも全国に住宅展示場やショールームがあるので、実際に見学してみるのもいいですね。

公式サイトにもさまざまな実例が掲載されていますのでチェックしてみてください。

 

パナソニックホームズ

 

パナソニックホームズは、電化製品でよく知られるパナソニックグループの住宅部門企業です。

地震に強い住宅を建てるため、何度も耐震実験を繰り返しています。

 

耐震性に絶対の自信を持っているため、万が一地震で住宅が全壊した場合に建て直しができる「地震あんしん保証」をスタート。

一般的な地震保険の補償は、住宅の建物価格の50%です。

 

しかしパナソニックホームズは地震で全壊した場合は建て替えを、さらに半壊した場合は補修をしてくれます。

もちろん保障をうけるには条件がありますが、もしものときも安心ですね!

 

なお、パナソニックホームズは、高層ビルを建てる際の制震技術を一般住宅にも使っています。

地震が来ても揺れをしっかり吸収するので、倒壊しにくいしょう。

 

省エネ住宅への取り組みも行っているため、太陽光発電を取り入れたい方にもおすすめです!

 

セキスイハイム

 

セキスイハイムは、木造と鉄骨造の両方を建てられるハウスメーカーです。

住宅の一部を工場生産しており、現場で組み立てる方式で建築します。

 

実作業が少なく工期が短いため、他のハウスメーカーよりも早く家の引き渡しが行われるでしょう。

また、必要な部材を工場で作っているため、一定の品質が保たれるのもメリットです。

 

工場生産では、大型の機械で作るため精度が高く安定するのですね。

なお、セキスイハイムはボックスラーメン構造を採用。

 

柱、床梁、天井梁の3つをスポット溶接して強固な梁を作るので、地震が来ても壊れにくいのです。

実際に過去に生じた大地震の振動周期を再現した、「実大耐震実験」も実施しています。

 

地震後に補修が必要な場合でも容易に対応できるメリットもあるので安心です!

 

ミサワホーム

 

木造パネル工法を得意としているミサワホームは、吹き抜けや大開口の窓があっても耐震性の高い家を建てられます。

阪神・淡路大震災より大きな揺れを想定して耐震実験を行った結果、住宅損傷が見られなかったとのことです。

 

木質パネル接着工法は、地震などの揺れを分散して受け止めてる構造になっています。

かなり高い耐震性を期待できそうですね。

 

これまでミサワホームで建てた家が地震で倒壊したケースはないため、特に地震に強い家にこだわりたい方によいでしょう。

さらに万が一災害が起きたとしても、安心して自宅で生活を続けられる「防災・減災デザイン」の家づくりに力を入れているのです。

 

なお、ミサワホームは、強度や品質が高い木材を使ったり接合の強さを重視したりするのはもちろん、デザインにこだわっています。

グッドデザイン賞の受賞経験もあるため、デザインにこだわりたい方にもおすすめです!

 

実際にショールームなどで現物を見てみるといいでしょう。

 

アキュラホーム

 

アキュラホームは木造構造のハウスメーカーです。

品質と価格、両面で見て納得のいく家づくりをしたいと考え、クオリティの高い家を低価格で提供しています。

 

低価格の秘密は、釘やビスなどの材料費や人件費を細かくデータベース化していること。

ていねいに見直すことで、品質は高く保ちながらもコストダウンを実現しているのです。

 

和風や都市型、モダンスタイルなどデザインも豊富なので、イメージの合う家を建てやすいでしょう。

なお、アキュラホームは「メダルウッド工法」と呼ばれる工法を採用。

 

この工法だと、柱の接合部を強固にできるため、耐震性の高い家を建てられるのが特徴です。

施工エリアは関東・東海・近畿・中国地方に限定されています!

 

耐震性でハウスメーカーを選ぶ時に後悔しないためのポイント!

耐震等級3のハウスメーカー7選!後悔しない地震に強い家の選び方

 

耐震性だけでハウスメーカーを選んでしまうと、マイホームを建ててから後悔する可能性があります。

マイホームは高いお買い物ですから、後悔したくない人がほとんどでしょう。

 

そこでここからは、耐震性でハウスメーカーを選ぶときに後悔しないためのポイントとして、以下の4つをご紹介していきます。

 

  • 木造か鉄骨かメーカーごとの対応可能な構造をチェックする
  • 耐震性を支える工法について知っておく
  • 希望する間取りで耐震性を維持できるか詳細に相談する
  • 耐震等級3“相当”には注意する

 

それぞれについて、詳細をチェックしていきましょう!

 

木造か鉄骨かメーカーごとの対応可能な構造をチェックする

 

1つ目は、「木造か鉄骨かメーカーごとの対応可能な構造をチェックする」です。

木造・鉄骨どちらを選ぶかで、耐震性が変わるわけではありません。

 

しかし、ハウスメーカーによって木造か鉄骨の両方を建てられる場合もあれば、いずれかしか選べないこともあります。

もし木造住宅を建てたいのに、鉄骨構造しか対応していなかったらがっかりするでしょう。

 

したがって、事前に木造か鉄骨か、対応可能な構造を確認しておくと安心です!

 

耐震性を支える工法について知っておく

 

2つ目は、「耐震性を支える工法について知っておく」です。

工法にはいくつか種類があり、それぞれメリット・デメリットが異なります。

 

例えば木造住宅の場合、耐震性が高いとされるのは「枠組式工法(ツーバイフォー工法)」です。

耐震性が高く倒壊しにくいですが、リフォームには不向きというデメリットがあります。

 

「木造軸組工法」ならリフォームや増築も行いやすいですが、震度7よりも大きい地震が来ると、安全性が確保できません。

このように、工法によってメリット・デメリットがあります。

 

さまざまな工法について知り、自分の望む形で建築してくれるハウスメーカーを選ぶと後悔しにくいでしょう!

いろいろなハウスメーカーの家を見て、さらによく話を聞いて検討するといいですね。

 

希望する間取りで耐震性を維持できるか詳細に相談する

 

3つ目は、「希望する間取りで耐震性を維持できるか詳細に相談する」です。

希望する間取りによっては、耐震性が下がる可能性があります。

 

例えば吹き抜けやテラスにつながる大きな窓を設置する場合、上の階を支える部分が少なくなるため、耐震性が下がりやすいのです。

反対に、よくみられるシンプルな2階建ての家は、下から上をしっかり支えられるため、耐震性が高くなります。

 

このように、間取りによって耐震性がまったく違うものになるのです。

あらかじめ希望する間取りで耐震性を維持できるか確認してからハウスメーカーを選ぶと、後悔しにくいでしょう!

 

耐震性も、希望の間取りも満足できるようなハウスメーカーに出会えるようにしたいですね。

 

耐震等級3“相当”には要注意!

 

4つ目は、「耐震等級3“相当”には注意する」です。

なぜなら耐震等級3相当はあくまで「相当」であり、耐震等級3に達していない可能性があるからなんですね。

 

耐震等級3相当は、ハウスメーカーが独自の耐震対策を施し「地震に強い」とうたっていることがほとんどです。

そのため登録住宅性能評価機関が正式な調査をすると、耐震等級2と評価されることもあります。

 

つまり、耐震性能が高いと思って買ったのに、後から耐震性能が低いことが発覚する可能性があるんです。

もしそうなると、「地震に強い家を建てたかったのに……」とがっかりしてしまいます。

 

家は大きな買い物なので、後悔することは避けたいもの。

このような事態を避けるためにも、耐震等級3相当のハウスメーカーで住宅を購入する際には注意が必要です。

 

耐震等級3を満たす場合は、登録住宅性能評価機関に証明書を発行してもらえます。

ハウスメーカーの担当者に、耐震等級3の証明書を発行できるか確認してみるとよいでしょう!

 

まとめ

耐震等級3のハウスメーカー7選!後悔しない地震に強い家の選び方

 

今回は、地震に強い家を建てたいとお考えの方に向けて「耐震等級3のハウスメーカー7選」についてご紹介しました。

耐震等級3のハウスメーカーは、以下のとおりです。

 

「耐震等級3」のハウスメーカー
  • 積水ハウス
  • 一条工務店
  • 住友林業
  • パナソニックホームズ
  • セキスイハイム
  • ミサワホーム
  • アキュラホーム

 

どのハウスメーカーも有名どころで、震度6強以上に耐えられる丈夫な家を建築できます。

各社それぞれ特徴が異なるので、比較しながらお好みのハウスメーカーを選んでみてください。

 

また、耐震性でハウスメーカーを選ぶときに後悔しないためのポイントとして、以下の4つをお伝えしました。

 

耐震性でハウスメーカーを選ぶときに後悔しないためのポイント
  • 木造か鉄骨かメーカーごとの対応可能な構造をチェックする
  • 耐震性を支える工法について知っておく
  • 希望する間取りで耐震性を維持できるか詳細に相談する
  • 耐震等級3“相当”には注意する

 

いつ大きな地震が来るかわからない地震大国である日本での家づくりは、「耐震」を考慮することは大変重要です。

後悔しない家づくりをするべく、これらのポイントを意識しながらハウスメーカーを選んでみてください!

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる