ヘーベルハウスの坪単価は?30坪、40坪、60坪の価格総額も紹介!

ヘーベルハウスの坪単価は?30坪、40坪、60坪の価格総額も紹介!

 

「へーベルハウスの坪単価はどれくらいなんだろう?坪数ごとの価格総額についても知りたい!」

 

ヘーベルハウスは、旭化成グループが運営する大手ハウスメーカー。

へーベルハウスで家を建てることを検討する際、気になるのは坪単価や坪数ごとの価格総額ではないでしょうか。

 

  • へーベルハウスの坪単価はいくら?
  • 坪数ごとの総額はどれくらい?
  • へーベルハウスで家を建てた人の実例は?

などについて知りたいところ。

 

というわけで今回は『へーベルハウスの坪単価はいくらか?』を中心にお話していきます。

また、坪数ごとの価格総額や、へーベルハウスで家を建てた人の実例もご紹介していきますので、参考にしてみてください!

 

目次

ヘーベルハウスの坪単価は?30坪、40坪、60坪の価格総額は?

ヘーベルハウスの坪単価は?30坪、40坪、60坪の価格総額も紹介!

 

まずは気になるへーベルハウスの坪単価や、坪数ごとの価格総額について。

ここでは、次のへーベルハウスの坪単価や価格総額についてお話していきます。

 

  • へーベルハウスの坪単価
  • 30坪未満の価格総額
  • 30以上~35坪未満の価格総額
  • 35以上~40坪未満の価格総額
  • 60坪の価格総額
  • 3階建ての価格総額

それぞれどんな内容かさっそく見ていきましょう!

 

ヘーベルハウスの坪単価参考価格は「80~130万円」

 

へーベルハウスの坪単価参考平均価格は80〜130万円です(参照:SUUMO)。

また、へーベルハウスで実際に家を建てた人の平均坪単価は85万円程度とされています。

 

この坪単価は、大手ハウスメーカーの中でも比較的高めです。

というのもへーベルハウスは、災害に強い家づくりを実現するために次のような高品質な素材を使用しているから。

 

  • 木造より建築コストの高い鉄骨住宅である
  • ALCコンクリートという単価が高い素材を使用している

そのぶん、災害に強い頑丈な家を建てられるのがへーベルハウスの強みです。

 

コストをかけてでもそのメリットを享受したいかどうかが、へーベルハウスを選ぶ基準になってくるでしょう!

 

30坪未満の価格総額

 

これ以降、へーベルハウスで家を建てる際の、坪数ごとの価格総額をそれぞれご紹介していきます。

価格総額は、付帯工事費や諸経費などを加えた金額で、見積り価格に2割〜3割程度プラスされるのが一般的です。

 

また、見積り価格(※)も一緒に記載しますので、参考にしてみてください!

30坪未満の価格総額と価格総額は以下の通り。

 

  • 価格総額…2,550万円~3,205万円
  • 見積り価格…2,125万円~2,465万円

 

※見積り価格は、前述のへーベルハウスで注文住宅を建てた人の平均坪単価、85万円を元に算出しています。

 

30以上~35坪未満の価格総額

 

30坪以上〜35坪未満の価格総額と価格総額は以下の通り。

  • 価格総額…3,060万円~3,857万円
  • 見積り価格…2,550万円~2,967万円

 

35以上~40坪未満の価格総額

 

35坪以上〜40坪未満の価格総額と価格総額は以下の通り。

  • 価格総額…3,570万円~4,410万円
  • 見積り価格…2,975万円~3,392万円

 

60坪の価格総額

 

60坪の価格総額と価格総額は以下の通り。

  • 価格総額…6,120万円~6,630万円
  • 見積り価格…約5,100万円

 

3階建ての価格総額

 

坪単価は、3階建てであっても変わりません。

そのため、上記でご紹介した坪数ごとの価格総額と見積り価格がそのまま当てはまると考えて良いでしょう。

 

たとえば、25坪の土地に3階建の家を建てた場合、以下のようになります。

  • 価格総額…2,500万円~2,763万円
  • 見積り価格…約2,125万円

 

ヘーベルハウスの坪単価は高い? 大手ハウスメーカーと比較

ヘーベルハウスの坪単価は?30坪、40坪、60坪の価格総額も紹介!

 

災害に強い家づくりを目指しているへーベルハウスの家は、高品質の素材を使っているため坪単価も高めとなっています。

そんなへーベルハウスの坪単価を大手ハウスメーカーと比較したのが次の表です。

 

ハウスメーカー 坪単価
へーベルハウス 80〜130万円
住友林業 60~100万円
セキスイハイム 60~100万円
三井ホーム 60~100万円
積水ハウス 50~80万円
富士住建 50~60万円
一条工務店 45~80万円
タマホーム 35~75万円

 

大手ハウスメーカーの坪単価の平均は70万円前後。

対してへーベルハウスは80〜130万円なので、大手ハウスメーカーと比較してやや高めの価格帯であることがわかります。

 

これは前述した通り、へーベルハウスの家は住宅そのものの性能が高いからです。

そのため、多少費用をかけてでも家の質にこだわりたい場合は、候補に入れてもいいでしょう!

 

ヘーベルハウスで家を建てた人の実例紹介!間取り図やこだわりも!

ヘーベルハウスの坪単価は?30坪、40坪、60坪の価格総額も紹介!

 

ハウスメーカー選びをしている際、どんな家が建つのか実例が気になることもあるでしょう。

そこで、へーベルハウスで家を建てた人の実例をご紹介していきます。

 

  • 23坪×3階建ての3LDK!オーバーハングで広さを確保
  • 2階建て3LDK!愛犬のために実現した広々バルコニー
  • 36坪×2LDK!広さ十分の24.1畳のLDK
  • 47坪×5LDK!屋上付きで空間を豊かにした家
  • 敷地面積110坪!愛車を眺められるガレージハウス

それぞれの間取り図やこだわりについても触れていきますので、ぜひ参考にしてみてください!

 

23坪×3階建ての3LDK!オーバーハングで広さを確保

 

まずは、狭いスペースでもオーバーハングすることで、ゆとりのある家づくりを叶えた実例をご紹介します。

ちなみにオーバーハングとは、複数階の建築物で下の階よりも上の階の床を張り出させることで広さを確保する手法です。

 

間取り図は以下の通り。

1階

 

 

2階

 

 

3階

 

引用:SUUMO

 

限られたスペースをうまく活用し、ゆとりのある間取りとなっています。

これは、オーバーハングの効果によるもので、この技法が実現したのはへーベルハウスの頑強な重鉄構造があってこそ。

 

とくに、2階のひろびろした約22畳のLDKは、オーバーハングの効果が大きいと言えます。

へーベルハウスの家は頑強な重鉄構造をしているので、狭い土地でも縦の空間を活かした家づくりが可能です。

 

そのため、都市部でも圧迫感のない家が建てられます。

3階の大きなベランダからの眺望は想像以上によく、子どもたちの遊び場や大人のくつろぎスペースになっているそうです!

 

2階建て3LDK!愛犬のために実現した広々バルコニー

 

続いて、愛犬のために広々したバルコニーにこだわったという家の実例をご紹介します。

間取り図は以下の通りです。

 

1階

 

2階

 

引用:SUUMO

 

こちらの家は、次の2点にこだわって建てられています。

  • 家族が過ごすリビングは2階に設けて明るい空間にしたい
  • 愛犬と遊べるウッドデッキが欲しい

 

このように考えて、展示場で出会ったのがへーベルハウスだったそうです。

希望通り、LDKは南北のバルコニーに囲まれ、窓を開けると気持ちのいい風が抜けていく空間に。

 

ウッドデッキは天然木と人工芝を組み合わせ、愛犬と楽しく過ごせるスペースが実現しました。

「みんなが満足できる住み心地のいい家になりました」と心から満足しているようです!

 

36坪×2LDK!広さ十分の24.1畳のLDK

 

へーベルハウスの商品「そらのま」で家を建てた実例です。

ちなみに、「そらのま」は室内と同じように使えるオープンエアのマルチスペース。

 

家の中にいながら、外にいるような感覚を味わえるのが特徴です。

間取り図は以下の通り。

 

1階

 

2階

 

引用:へーベルハウス

 

こちらの家は、『家時間を楽しめる住まいに』こだわっています。

そのこだわりにマッチしたのが、へーベルハウスのそらのまだったそう。

 

天気のいい日はそらのまで食事をとったり、ガーデニングをしたりと、まさに家にいる時間を楽しめる住宅となっています。

実際に住んでみると、魅力的な場所がいろいろあり、ずっと家にいても快適に過ごせるそうです!

 

47坪×5LDK!屋上付きで空間を豊かにした家

続いてご紹介するのは、屋上付きの家の実例です。
間取り図は以下の通り。

 

1階

 

2階

屋上

引用:へーベルハウス

 

こちらの施主は、住宅展示場を巡るうちにデザインだけでなく、耐震性や耐久性の大切さに気づいたそうです。

そこで、頑丈な鉄骨構造を持つへーベルハウスに決めたとのこと。

 

また、頑丈な鉄骨構造があるからこそ、床の高さを変えた遊び心のある空間を設計できるのも決め手でした。

そうして完成したのが、屋上付きのアウトドアも楽しめるこちらの家です。

 

それだけでなく、家の中にも趣味を楽しむ書斎など、様々な過ごし方ができる場所があるのも魅力。

それらのさまざまな場所がゆるやかにつながり、家族の気配をほどよく感じながら過ごせているそうです!

 

敷地面積110坪!愛車を眺められるガレージハウス

 

最後にご紹介する実例は、愛車を2台安心して保管できることにこだわった家です。

間取りは以下の通り。

 

1階

 

2階

引用:へーベルハウス

 

こちらの家は、車を眺めて暮らせるガレージハウスが1番のこだわりです。

愛車を安心して保管することを考えた時に、耐震・耐火・耐久性など独自の構造を持つへーベルハウスに魅力を感じたそう。

 

設計担当とやり取りを重ね、愛車をインテリアとして眺められる理想の住まいが完成しました。

夜、音楽を聴きながら愛車を眺める時間が最高のひとときと語っています。

 

以前よりも家で過ごす時間が増えたそうです!

 

ヘーベルハウスの注文住宅商品ラインナップ!2階建て&3階建ても

ヘーベルハウスの坪単価は?30坪、40坪、60坪の価格総額も紹介!

 

へーベルハウスの注文住宅は、2階建、3階建にとどまらず、2世代住宅モデルも取り扱っています。

さらに、ZEHや健康子育てに配慮した住宅などがあり、商品ラインナップが豊富です。

 

というわけでここでは『ヘーベルハウスの注文住宅商品ラインナップ』をご紹介していきます!

 

2階建てモデルの商品ラインナップ

 

ヘーベルハウスの2階建モデルの商品ラインナップは次の通りです。

  • RATIUS|RD  FINEST VILLA(ラティウス アールディー ファイネスト ヴィラ)
  • RATIUS|RD(ラティウス アールディー )
  • onefitto(ワンフィット)
  • のきのまent(エント)
  • そらのま
  • 屋根のある邸宅

 

この中で人気が高いのは『RATIUS|RD  FINEST VILLA』、『onefitto』、『のきのまent』です。

以下でそれぞれの特徴についてご紹介していきます。

 

■RATIUS|RD  FINEST VILLA(ラティウス アールディー ファイネスト ヴィラ)

 

RATIUS|RD  FINEST VILLAは、2022年にへーベルハウス50周年の新邸宅モデルとして発売されました。

へーベルハウスがこれまで培ってきた技術や知識が総動員されていて、大地震や災害にも負けない住宅となっています。

 

万が一の時でも安心の住まいと言えるでしょう。

 

■onefitto(ワンフィット)

 

へーベルハウスが昨今の社会情勢を鑑みて開発した商品です。

住まいにいる時間が長くなったり、在宅ワークが普及したりといったことに対応した間取りが特徴。

 

また、感染予防をしながら家で過ごす時間を充実させられる点は、現代のニーズに合った住まいと言えます。

 

■のきのまent(エント)

 

玄関先に大きなウッドデッキを設けることで、半屋外空間の新しい玄関スタイルが特徴です。

ウッドデッキはリビングとも大きな窓を挟んで密接していて、一体感のある解放的な住宅になっています。

 

ウッドデッキはガーデニングを楽しむ庭にもなり、用途が広いのも魅力です!

 

3階建てモデルの商品ラインナップ

 

ヘーベルハウスの3階建モデルの商品ラインナップは次の通りです。

  •  FREX3
  • terra craft(テラクラフト)

 

以下でそれぞれの特徴についてご紹介していきます。

 

■FREX3

 

重量鉄骨の3階建て住宅です。

丈夫な重量鉄骨だからこそ、耐久性を保ちながら広々とした空間を実現できています。

 

3階建の住宅は、通常よりもワンフロア多いため、住む人の生活スタイルやニーズに合わせた空間が作れるのもメリットです!

 

■terra craft(テラクラフト)

 

床を一段掘り下げてダウンフロアを作り、吹き抜けを設けているのが特徴です。

家の中に多様な高さの場所を作ることで、建築の制限が厳しい敷地でも空間の広がりや心地よさを感じられます。

 

都市でもゆとりのある暮らしが実現できる家と言えるでしょう!

 

2世帯住宅モデルの商品ラインナップ 

 

へーベルハウスには『2.5世帯住宅』という2世代住宅向けの商品があります。

従来の二世帯住宅の発展型を目指した家で、親世帯にいる単身の子も一緒に暮らすことを想定しているんです。

 

それぞれの生活空間を分けることを基本としながら、単身の子の生活リズムに配慮した間取りを取り入れているのが特徴です!

 

ZEH・健康子育てモデルの商品ランナップ

 

ZEH・健康子育てモデルの商品として『ロングライフZEH』があります。

この家は、国が定めるZEH基準に加え、快適な暮らしを持続するロングライフという視点から作られているのが特徴です。

 

それを実現するため、耐久性の高い断熱材と自然の素材が用いられていて、年間を通じて快適に過ごせる家となっています。

夏は涼しく、冬は暖かく過ごせる家は、健康維持だけでなく、子育ての助けにもなるでしょう!

 

ヘーベルハウスで家を建てた人の口コミ!後悔&満足ポイント

ヘーベルハウスの坪単価は?30坪、40坪、60坪の価格総額も紹介!

 

へーベルハウスの坪単価や家を建てた人の実例などを知ったところで、リアルな評判が気になる人もいるはず。

ここでは、ツイッター上のへーベルハウスで家を建てた人の口コミをご紹介していきます。

 

後悔ポイントと満足ポイントを紹介していきますので、参考にしてみてください!

 

へーベルハウスで建てた家に後悔がある人の口コミ

 

まずは、へーベルハウスで家を建てて、「設計の自由度が少ない」とやや後悔している人の口コミをご紹介します。


へーベルハウスは、災害に強い家を一貫して目指し続けています。

 

そのため、独自の構造を採用していて、間取りの自由があまりききません。

 

そういったことがあるため、間取りやデザインにこだわりたい人は、少し物足りなく感じる可能性があります。

「へーベルハウスは気密性がなさすぎる」との指摘もありました。

 


これは、へーベルハウスが採用しているALCコンクリートに原因があります。

 

なぜなら、ALCコンクリートは耐震性や耐火性、高い遮音性能はありますが、寒さには弱いからです。

そのため、寒い地域ではとくに気密性がないように感じるのかもしれません。

 

その一方、「気密性が高すぎて仇になっている」と言っている人もいます。

気密性が高すぎて、物音が気になるとのこと。

気密性に関して極端な意見があるのは、住んでいる地域が関係しそうです。

 

よって、寒冷地にへーベルハウスで家を建てる場合は、後悔しないためにもよく検討した方がいいでしょう!

 

へーベルハウスで家を建てて満足度が高い人の口コミ

 

後悔の声がある一方、へーベルハウスで家を建てて満足している人も多くいます。

次の口コミによると、へーベルハウスの家は台風の時に揺れをまったく感じなかったそうです。

 


大きな台風など災害が起こったときに、家が丈夫だとそれだけで安心感がありますよね。

 

また、地震の時に揺れを感じなかったと言っている人もいました。

 

これらの口コミから、へーベルハウスは災害に強いことがわかります。

それだけでなく、へーベルハウスはサポートが充実していて選んでよかったとの声もありました。

 


へーベルハウスは履歴管理をしながらサポートしてくれるとのこと。

 

家は建てる前より、建てた後の時間の方が長いので、手厚いサポートを受けられるかどうかは重要です。

これらの口コミを見ると、へーベルハウスの家は質がよく、建てた後も安心して住み続けられることがわかります!

 

ヘーベルハウスで家を建てるのはこんな人におすすめ! 

ヘーベルハウスの坪単価は?30坪、40坪、60坪の価格総額も紹介!

 

これまでお話ししたことを踏まえて、へーベルハウスは次のような人におすすめのハウスメーカーと言えます。

  • 大手住宅メーカーの安心感・アフターサービスを買いたい人
  • 耐震性・耐火性など間取りの自由度より家の強度を求める人
  • 狭い土地でも空間を活かして広い家を建てたい人

 

というわけでここでは、『ヘーベルハウスで家を建てるのがおすすめな人』についてお話していきます!

 

大手住宅メーカーの安心感・アフターサービスを買いたい人

 

へーベルハウスは創業から50年以上続く、大手住宅メーカーです。

そのため、大手の安心感やアフターサービスを買いたい人はへーベルハウスを候補にしても良いでしょう。

 

実際に、へーベルハウスはサポートが充実しているとの口コミもありました。

また、へーベルハウスは最大60年間保証のロングライフサポートや、60年間の無料点検システムを用意しています。

 

こういった手厚いサポートが受けられるため、安心感やアフターサービスを重視する人は満足できる可能性が高いです!

 

耐震性・耐火性など間取りの自由度より家の強度を求める人

 

間取りの自由度より、耐震性や耐火性など家の強度を求める人にもへーベルハウスはおすすめです。

というのも、へーベルハウスは一貫して災害に強い家づくりを目指していて、台風や地震に強い構造を実現しているから。

 

そのため、独自の構造を採用していて、間取りの自由はあまりききません。

もし、デザインや間取りにこだわりがある場合、へーベルハウスの家は物足りなく感じる可能性があります。

 

そういったことよりも、家の強度を第一に考える人であれば、へーベルハウスはピッタリと言えるでしょう!

 

狭い土地でも空間を活かして広い家を建てたい人

 

へーベルハウスは、狭い土地でも空間を活かして広い家を建てたい人にもおすすめです。

というのも、へーベルハウスの家は頑強な重鉄構造をしているので、狭い土地でも縦の空間を活かした家づくりが可能だから。

 

実例でも取り上げたオーバーハングの手法は、へーベルハウスの重鉄構造があるからこそ実現します。

狭い土地でも、ゆとりのある空間を求めるのであれば、へーベルハウスを検討してみましょう!

 

まとめ

ヘーベルハウスの坪単価は?30坪、40坪、60坪の価格総額も紹介!

 

今回は『へーベルハウスの坪単価はいくらか?』を中心にお話していきます。

へーベルハウスの坪単価は、80〜130万円となっています。

 

また、坪数ごとの価格総額は以下の通り。

  • 30坪未満:2,550万円~3,205万円
  • 30坪以上〜35坪未満:3,060万円~3,857万円
  • 35坪以上〜40坪未満:3,570万円~4,410万円
  • 60坪:6,120万円~6,630万円

 

この坪単価は、他の大手ハウスメーカーと比較してやや高額の部類です。

へーベルハウスの坪単価が他社よりも高いのは、次のような理由が挙げられます。

 

  • 木造より建築コストの高い鉄骨住宅である
  • ALCコンクリートという単価が高い素材を使用している

このように、家自体の質や素材にこだわっていることが坪単価が高くなる理由です。

 

これにより、へーベルハウスは災害に強い家づくりを提供しつつ、開放的な間取りも実現できています。

こういったことを踏まえて、へーベルハウスは次のような人におすすめと言えるでしょう。

 

  • 大手住宅メーカーの安心感・アフターサービスを買いたい人
  • 耐震性・耐火性など間取りの自由度より家の強度を求める人
  • 狭い土地でも空間を活かして広い家を建てたい人

今回は、へーベルハウスで家を建てた人の実例や口コミもご紹介しました。

 

へーベルハウスを検討している人は、今回お話した内容をぜひ参考にしてみてください!

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる