スウェーデンハウスは後悔する?欠陥住宅で最悪?評判を徹底解説!

スウェーデンハウスは後悔する?欠陥住宅で最悪?評判を徹底解説!

「スウェーデンハウスは後悔するって本当?欠陥住宅で最悪なの?実際の評判について知りたい!」

 

スウェーデンハウスは北欧の輸入住宅を専門に扱う高級ハウスメーカー。

ですが、スウェーデンハウスは後悔する、欠陥住宅で最悪などの声もあるため、その真偽が気になることもあるでしょう。

 

  • スウェーデンハウスは後悔するというのは本当か?
  • スウェーデンハウスで実際に家を建てた人の評判はどうか?
  • スウェーデンハウスで家を建てて後悔しないために気をつけるべきことは何か?

などについて知りたいところ。

 

というわけで今回は『スウェーデンハウスで家を建てると後悔するのか?』についてお話していきます。

また、欠陥住宅で最悪なのかなど、実際の評判もご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください!

 

目次

スウェーデンハウスは後悔する?家を建てた人が感じたデメリット4選

スウェーデンハウスは後悔する?欠陥住宅で最悪?評判を徹底解説!

 

スウェーデンハウスのデメリットを知らずに家を建てると後悔することになるかもしれません。

実際にスウェーデンハウスで家を建てた人は以下のようなデメリットを感じているようです。

 

  • 窓の開け閉め・メンテナンスが大変
  • リフォームや間取りに意外と制限がある
  • 冬の湿度が低く乾燥しやすい
  • 担当者や契約後の対応が悪くて困った

というわけでここでは『スウェーデンハウスで家を建てた人が感じたデメリット』についてお話していきます。

 

ツイッター上の口コミもご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください!

 

窓の開け閉め・メンテナンスが大変

 

スウェーデンハウスで家を建てた人が感じたデメリットに、窓の開け閉めやメンテナンスの大変さがあります。

 

スウェーデンハウスの窓は、高い断熱性のある3層ガラスを採用しています。

これが、スウェーデンハウスの売りのひとつではあるものの、開閉に少しコツがいるんですね。

 

また、窓枠が木でできているため、腐食しないよう定期的なお手入れが必須です。

そのため、普通の窓と扱い方や掃除方法が同じだと思っていると、少し手間に感じるかもしれません!

 

リフォームや間取りに意外と制限がある

 

以下のツイートにあるように、リフォームや間取りが制限されることもスウェーデンハウスのデメリットのひとつです。

 

 

制限が発生するのは、スウェーデンハウスは創業以来変わらない基本構造を採用しているためです。

それにより、間取りのバリエーションが多くありません。

 

スウェーデンハウスは高級住宅メーカーのため、価格帯も高額です。

人によっては「高いお金を出すのだから間取りにこだわりたい」と考える人もいるでしょう。

 

そういった希望にスウェーデンハウスは添えない可能性があるので、こだわりのある人にはデメリットになりえます。

 

冬の湿度が低く乾燥しやすい

 

スウェーデンハウスで家を建てたものの、冬の湿度が低く、乾燥しやすい点がデメリットに感じている人もいます。

以下のツイートによると、冬は乾燥し過ぎて加湿器3台でも湿度が上がらないとのこと。

 


加湿器をかけてもまったく結露ができないとの口コミもあります。

 

冬の乾燥と湿度の低さの原因は、スウェーデンハウスの住宅が木でできているからです。

 

木は切った後も呼吸をしているので、室内の湿度を吸う効果があります。

そのため、もともと湿度の低い冬は、乾燥し過ぎていると感じることがあるようです。

 

スウェーデンハウスで家を建てる際は、冬場の湿度の低さと乾燥は想定しておいた方がいいでしょう!

 

担当者や契約後の対応が悪くて困った

 

スウェーデンハウスで家を建てた人の中に、以下のような担当者や契約後の対応の悪さを指摘する声があります。

 

 

 

これらの口コミを見ると、スウェーデンハウスの中には対応の悪い担当社もいるようです。

また、契約後にスウェーデンハウス自体の対応が悪くなったとの声も。

 

すべてがそうとは限りませんが、口コミを見る限り残念な対応をされた人がいるのも事実。

担当者とは相性もあるため、合わないと感じた場合は早めに変えてもらうなど対策を講じる必要がありそうです。

 

とはいえ、スウェーデンハウスで家を建てて嫌な対応をされたとの声は多くないので、過剰に心配する必要はないでしょう!

 

スウェーデンハウスは最悪じゃない!よかったと感じる3つのポイント!

スウェーデンハウスは後悔する?欠陥住宅で最悪?評判を徹底解説!

 

スウェーデンハウスで家を建てるのは最悪な選択ではありません。

というのも、実際にスウェーデンハウスで家を建ててよかったと感じている人も多くいるから。

 

よかったと感じる意見で目立つのは、次の3つです。

  • 耐震性能がかなり高い
  • 断熱性能が高くあたたかさを保てる
  • 寒い時期にも結露が少なくカビにくい

 

というわけでここでは『スウェーデンハウスで家を建ててよかったと感じる3つのポイント』についてお話していきます!

 

耐震性能がかなり高い

 

スウェーデンハウスで家を建ててよかったと感じるポイントに、耐震性が高いことが挙げられます。

実際にスウェーデンハウスは地震の際、倒壊がほとんどなかったとのこと。

 


「スウェーデンハウスにしてよかった…。」との言葉から、安堵の気持ちが読み取れますね。

 

スウェーデンハウスは2003年に行われた振動実験において、阪神・淡路大震災の2倍にあたる揺れに耐えています。

これは、スウェーデンハウスの『モノボックス構造』により、揺れを受け止めて分散させる効果によるものです。

 

スウェーデンハウスが扱っているのは北欧の輸入住宅のため、日本の地震に対応できるか心配な人もいるかもしれません。

ですが、スウェーデンハウスの住宅は耐震性能が高いので、心配には及ばないでしょう!

 

断熱性能が高くあたたかさを保てる

 

以下のように、スウェーデンハウスの家は断熱性能が高くあたたかさが保てる点を、建ててよかったと言う人も多いです。

 

 

スウェーデンハウスの断熱性は業界トップクラス性能なので、冬でもあたたかく暮らせます。

というのも、スウェーデンハウスの住宅は家全体を分厚い断熱材で隙間なく囲み、外気を遮断するからです。

 

また、社名にもなっているスウェーデンは寒い北欧の地域。

それもあって、もともと寒さに強い家がスウェーデンハウスの売りでもあるんです。

 

そういうわけで、スウェーデンは寒い冬でもあたたかく快適に過ごせ、「建ててよかった」と感じる人が多いのでしょう!

 

寒い時期にも結露が少なくカビにくい

 

寒い時期でも結露が少なくカビが発生しにくい点も、スウェーデンハウスで家を建てて良かったとされるポイントです。

実際に「まったく結露しない」と言っている人の口コミをご紹介します。

 


こちらの方も、結露がまったく出ないと言っています。

 


冬は温かく、夏は涼しく、快適に過ごせていることを感じさせる口コミです。

 

スウェーデンハウスは壁内に通気層を設けることで、結露対策を行っています。

そのため、冬でも結露ができにくくカビを防げるので、衛生的な生活が送れるんですね。

 

結露やカビは掃除が大変なだけでなく、健康への影響も気になるもの。

そういった心配のない住宅であれば、建ててよかったと感じられるでしょう!

 

スウェーデンハウスで後悔しないために…気をつけるべきこと

スウェーデンハウスは後悔する?欠陥住宅で最悪?評判を徹底解説!

 

住宅は一生の中でも高価な買い物のため、後悔のない選択をしたいところ。

スウェーデンハウスで家を建てて後悔しないために、気をつけるべきことは以下の通りです。

 

  • メリットだけでなくデメリットについても聞いておく
  • 営業の提案力を過信せず自分でも調べる
  • 建てる予定の地域とスウェーデンハウスの相性を考慮する

というわけでここでは『スウェーデンハウスで家を建てて後悔しないために気をつけるべきこと』についてお話していきます!

 

メリットだけでなくデメリットについても聞いておく

 

スウェーデンハウスで家を建てて後悔しないために、デメリットについても把握しておきましょう。

というのも、良い面ばかり見て決めてしまうと、実際に住んでみて想定外のことが起こる可能性があるからです。

 

また、メリットしか把握していないと、どうしても理想が高くなりがちな面もあります。

高い買い物だからこそ、メリットとデメリットの両方を知って、総合的に判断することが大切です。

 

その際、デメリットは受け入れられる程度のものか、または回避する術はあるかなどを考えておくと良いでしょう!

 

営業の提案力を過信せず自分でも調べる

 

営業の提案をそのまま鵜呑みにせず、自分で調べることも後悔しないために大切なことです。

というのも、営業の提案と自分が求めるものが一致しないこともあるから。

 

また、営業が売上を伸ばすために、良い部分しか伝えていないことも十分考えられます。

そのため、提案されたことを「何となくよさそう」「間違いない」などと考え、言われるまま決めないようにしましょう。

 

提案は参考程度に聞き、自分でも調べることをおすすめします。

また、営業との相性が悪いとうまくコミュニケーションが取れないこともあるかもしれません。

 

その場合は、遠慮せず担当を変えてもらうことも考えましょう!

 

建てる予定の地域とスウェーデンハウスの相性を考慮する

 

スウェーデンハウスは、断熱性の高さが特徴のひとつです。

そのため、地域によっては相性がイマイチなことも。

 

断熱性が高いため、冬はあたたかさを逃がさず快適に過ごせますが、以下のように夏は暑いという声もあります。

 

そのため、スウェーデンハウスは冬はあたたかく、夏は涼しいと思い込んで購入すると後悔することになるかもしれません。

夏場、気温が上がる地域ではエアコンを設置するなど工夫が必要です。

 

後悔しないためにも、建てる地域とスウェーデンハウスの相性は考慮した方がいいでしょう。

とはいえ、エアコンを設置したり、間取りを工夫したりすれば解決することがほとんど。

 

よって、地域との相性についてはそこまで深刻になる必要はありません。

 

まとめ

スウェーデンハウスは後悔する?欠陥住宅で最悪?評判を徹底解説!

 

今回は『スウェーデンハウスで家を建てると後悔するのか?』についてお話ししました。

実際の評判を見てみると、スウェーデンハウスで家を建てて後悔している人はほとんどいませんでした。

 

ですが、スウェーデンハウスには以下のようなデメリットが存在します。

  • 窓の開け閉め・メンテナンスが大変
  • リフォームや間取りに意外と制限がある
  • 冬の湿度が低く乾燥しやすい
  • 担当者や契約後の対応が悪くて困った

 

とはいえ、スウェーデンハウスは欠陥住宅の報告などはないため、最悪な選択ではありません。

というのも、実際にスウェーデンハウスで家を建てて満足している人も多くいるから。

 

スウェーデンハウスで家を建てて良かったと感じる意見で多いのは、以下の3つです。

  • 耐震性能がかなり高い
  • 断熱性能が高くあたたかさを保てる
  • 寒い時期にも結露が少なくカビにくい

 

これらを踏まえてスウェーデンハウスで家を建てて後悔しないために、次のことに気をつけると良いでしょう。

  • メリットだけでなくデメリットについても聞いておく
  • 営業の提案力を過信せず自分でも調べる
  • 建てる予定の地域とスウェーデンハウスの相性を考慮する

 

これらについてよく考えた上であれば、後悔する可能性は低いです。

スウェーデンハウスが家を建てる際の候補にある場合は、今回お話した内容をぜひ参考にしてみてください!

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる