小さい平屋は500万円で建てられる?土地あり新築?間取りも徹底解説!

小さい平屋は500万円で建てられる?土地あり新築?間取りも徹底解説!

 

「小さい平屋は500万円で建てられるのかな?土地ありなら新築も可能?どんな間取りになるのかも知りたい!」

 

小さい平屋は500万円で建てられるのか、平屋を検討している人の中にはこのような疑問を持つ人もいるのではないでしょうか。

実際に建てるときは土地ありなら新築も可能なのか、どのような間取りがいいのかなども気になりますよね。

 

  • 小さい平屋は500万円で建てられるのか?
  • 土地ありの場合は、500万円で新築も可能なのか?
  • 小さい平屋はどんな間取りになるのか?

 

など小さい平屋を500万で建てることについていろいろと知りたいことがあるはず。

というわけで今回は、「小さい平屋は500万円で建てられるのか」についてお話ししていきます。

 

また、土地ありで小さい平屋の新築は可能なのか、間取りはどうなるのかなどについても触れていきますので参考にしてみてください!

 

目次

小さい平屋は500万円で建てられる?土地あり新築?間取りは?

小さい平屋は500万円で建てられる?土地あり新築?間取りも徹底解説!

 

小さい平屋は、条件がそろえば500万円台から建てられます。

また、土地がすでにある場合は、新築で建てることも十分可能です。

 

ただ、実際建てるとなりと間取りや注意点なども気になるところではないでしょうか。

というわけでここでは、「小さい平屋は500万円で建てられるのか?」を中心に、間取りや注意点について次のポイントをお話ししていきます!

 

  • 本体価格のみ500万円なら十分実現可能
  • 500万円で建てられるのは1LDKの家が主流
  • 建てた後追加コストが発生することも多い
  • 建てられない土地もある

 

本体価格のみ500万円なら十分実現可能

 

すでに土地を持っていることを前提にすると、本体価格のみ500万円代なら平屋を建てることは可能です。

ですが、これはあくまで本体価格であり、住める状態にするには当然追加費用がかかります。

 

たとえば、以下のようなものが追加費用として必要です。

 

  • 付帯工事費用…水道やガスを引き込んだり、地盤改良したりする工事
  • 外構工事費用…フェンス、門扉など家の外回りの工事
  • 諸費用…登記費用や住宅ローン手数料など

 

こういった費用が発生するため、実際は500万円を超えることがほとんどなんですね。

そのため、500万円で実現可能なのは本体価格のみと考え、その他追加費用が必要なことを念頭に置いておきましょう!

 

予想外の地盤改良が発生したり、外構にこだわり過ぎて予算オーバーなどになったりなども考えられます。

逆に資金が不足して、門扉やフェンスに好みのものが使えなかったなども生じるかもしれません。

 

そのときになって慌てないように、資金には余裕を持っておきたいですね。

 

500万円で建てられるのは1LDKの家が主流

 

500万円台で建てられる間取りで主流なのは1LDKです。

基本的に、ローコスト住宅は間取りが決まっていることが多く自由な家づくりはできません。

 

500万円台位の家はその上をいく超ローコスト住宅のため、まず自由はきかないと思ったほうがいいでしょう。

ただしそれほど広いスペースがいらない方にとっては、ローコストは魅力的ですよね。

 

また、超ローコスト住宅は、気密性や耐熱性といった家の性能や高い品質も期待できません。

とはいえ、なんといっても低価格で家を建てられるのは魅力です。

 

2階がない分光熱費がかかりませんし、バリアフリーである点もメリットになります。

500万円台の家を扱うハウスメーカーでは、間取りを紹介していることも多いので確認してみると良いでしょう。

 

小さい家でも工夫を凝らして快適に住めるような設計がされています!

展示場で実物を見れば、実際に暮らしたときのイメージも湧きやすいですよ。

 

建てた後追加コストが発生することも多い

 

500万円台で家を建てても、その後追加コストが発生することも多いので要注意。

というのも、前述したように、超ローコストの家は高い品質が期待できないため、老朽化が早いからです。

 

そのため、短いスパンで修繕費用が必要になることも珍しくありません。

また、超ローコスト住宅の外壁はパネルを貼るタイプが多く、約10年に1度のペースで張り替えが必要になります。

 

その費用は高額で、100万円ほどかかることも見過ごせません。

長い間済む場合、10年に1度、100万円程度の出費は長い目で見ると損する可能性もあります。

 

このように500万円台の家は、安く建てられても住んでからお金がかかることを理解しておきましょう!

 

建てられない土地もある

 

土地の条件によっては500万円台の家を建てられないケースもあります。

たとえば、都市計画の建築制限によって、防火仕様への変更が必要になるといった場合です。

 

そうなると、追加費用は避けられず、そもそも500万円台で家を建てる事自体が不可能になります。

また、土地の形状に合わずに建てられない、デッドスペースが生まれるといったことにも注意が必要です。

 

これは、すでに間取りの決まった住宅ならではのデメリットとも言えます。

土地を探す際は、こういったことも念頭に置きながら進めていきましょう。

 

また、すでに土地を所有している場合は、建築制限の有無について調べておく必要があります!

心配な方は、住宅メーカーなどで相談するといいでしょう。

 

500万円程度の小さい平屋を検討するのに向いているのはどんな人?

小さい平屋は500万円で建てられる?土地あり新築?間取りも徹底解説!

 

いろいろと制約のある500万円程度の平屋は、どんな人に向いているのかが気になるところですよね。

前述したことを踏まえて、以下のような人であれば500万円程度の平屋を検討してみてもいいでしょう。

 

  • 家より土地にこだわりたい人
  • ローンをなるべく少なくして新築を建てたい人
  • 短期間で建て替えを考えている人
  • 定年間際など、家族人数が増えないことがわかっている人

 

というわけでここでは「500万円程度の小さい平屋を検討するのに向いている人」についてお話ししていきます!

 

家より土地にこだわりたい人

 

家より土地にこだわりたい人は、500万円程度の平屋を検討してみてもいいでしょう。

たとえば、外構や庭、土地そのものにお金をかけたい人が挙げられます。

 

また、家は建ててから年数が経っていくにつれて劣化していき、価値が下がることがほとんどです。

一方、土地は年月を経ても自分の資産になります。

 

場合によっては、購入時より価値が上がることも珍しくありません。

そのため、家そのものより土地を重視したい人は、500万円程度の家を検討してみるのも手です!

 

ローンをなるべく少なくして新築を建てたい人

 

500万円程度の平屋は、なるべく少ない金額でローンを組んで新築を建てたい人にも向いています。

というのも、500万円なら場合によっては頭金でほとんど支払うことも可能だからです。

 

たとえば、300万円を頭金で支払ってしまえば、残りは200万となります。

住宅メーカーによっては、月々1万円台で建てられるところもあるんです。

 

この金額であれば、ローンを組んでも月々の返済額は少なくて済み、家計を圧迫する心配もないでしょう。

賃貸物件の家賃よりずっと安く済むケースもあるので、その点も魅力ですね。

 

500万円程度の平屋は、先立つお金がないけれど新築を建てたい人にも向いています!

住宅にかかる費用は抑え、教育費や趣味などにお金をかけたいという人にもおすすめです。

 

短期間で建て替えを考えている人

 

短期間で家の建て替えをしたい人にも、500万円程度の小さい平屋を検討してみても良いでしょう。

というのも、500万円程度の平屋は、すでに間取りが決まっている規格型住宅であることがほとんどだからです。

 

そのため、打ち合わせがあまり必要なく、決まったものを建てるだけなので工期も短くて済みます。

また家自体が小さいので、大きな住宅に比べて早く建つことは容易に想像できるでしょう。

 

こういうわけで、500万円程度の小さい平屋は短期間で建て替えを考えている人にも向いていると言えます!

 

定年間際など、家族人数が増えないことがわかっている人

 

小さい平屋は定年間際など、今後家族の人数が増えないことがわかっている人にも向いています。

一人暮らし、ご夫婦だけなどの方はそもそも大きな家は不要ですよね。

 

将来家族が増える予定がないのであれば、余分に部屋やスペースを確保する必要はありません。

そのため、限られたスペースを有効活用した家が建てられます。

 

また小さい平屋は、家事や掃除が大きな家に比べて格段に楽なのもメリットです。

2階がないので光熱費も抑えられますし、家の中はバリアフリーなのも安心ですよね。

 

断捨離をしてミニマルな暮らしをしたい方、シンプルに生活したい方のライフスタイルにも合っているのが小さな平屋建てなんです。

今後家族が増える予定がなく、定年後にコンパクトな家を求める人にも小さい平屋は向いています!

 

小さい平屋を500万円程度で建てられるメーカー一覧

小さい平屋は500万円で建てられる?土地あり新築?間取りも徹底解説!

 

最後に、小さい平屋を500万円程度で建てられるメーカーと工務店をご紹介します。

ハウスメーカー選びの参考にしてみてください。

 

■ひら家IKI

 

群馬・茨城・栃木・埼玉といった北関東を中心に展開しているハウスメーカーです。

上記4県に加えて千葉県の一部も施工地域に含まれています。

 

ひら家IKIは、500万円台でおしゃれな小さい平屋が建てられるのが特徴のひとつといえるでしょう。

外観もチープな感じがなく、ローコスト住宅とは思えない仕上がりになっています。

 

太陽光発電、脱炭素など環境にも配慮している点もおすすめポイントです。

テレビで取り上げられたこともあり、徐々に知名度が上がってきているハウスメーカーとも言えるでしょう。

 

決まった間取りから選ぶスタイルですが、センスの良い間取りが受けて幅広い年代に人気があります。

ローコスト住宅でもおしゃれな家がほしいと思う人にとくにおすすめです!

 

■楽ちん住宅

 

千葉県にあるハウスメーカーです。

楽ちん住宅は、全国のローコスト住宅会社と共同で材料を仕入れ、CMをしないことでローコストな家を実現させています。

 

また、コストカットのため住宅展示もありませんし、販促物も自社で製作しているんですね。

このようにコストカットに尽力しているため、手頃な価格で高品質の平屋が建てられるんです。

 

前述したように、ローコスト住宅は高い品質が期待できず、劣化が早いという問題点がありました。

ですが、楽ちん住宅はローコスト住宅の問題点をクリアしていると言えます。

 

よって、500万円台で質のいい平屋を建てたい場合、検討してもよいメーカーと言えるでしょう。

シンプルでありながら使い勝手のよい間取りは見学会などで事前に確認することをおすすめします。

 

ただし、楽ちん住宅は千葉県茂原市を中心に営業しているため、建築可能地域については確認が必要です!

 

■ヒラキハウジング(熊本県熊本市近郊のみ建築可)

 

ヒラキハウジングは500万円台で平屋が建てられる「建つんです500」という商品を販売しています。

この商品は、ローコスト住宅でありながら間取りの変更が可能な点が大きな特徴です。

 

ローコスト住宅は間取りの自由がきかないことがほとんどなので、これは大きな魅力ですね。

基本の間取りは決まっていますが、キッチンやリビングの場所は自由に選択できます。

 

もちろんシステムキッチンやシステムバスなので使い勝手も良好です。

低価格で家を建てたいけれど、少しこだわりたいという人におすすめのハウスメーカーといえるでしょう。

 

ただし、建築可能地域が熊本県熊本市近郊に限られます。

熊本にお住まいで500万円台の平屋を建てたい人は、候補にしてみると良いでしょう!

 

熊本県合志市に展示会場があるので、実際に住宅を見てみるといいですね。

 

まとめ

小さい平屋は500万円で建てられる?土地あり新築?間取りも徹底解説!

 

今回は、『小さい平屋は500万円で建てられるのか』についてお話ししました。

結論から言いますと、もともと土地があり、本体のみであれば500万円で平屋は建てられます。

 

また、500万円で建てられる間取りは1LDKが主流です。

しかし、建てた後に追加コストが発生したり、建てられない土地もあったりするため、事前によく確認しましょう。

 

そういったことを踏まえて、500万円程度の小さい平屋は以下のような人に向いていると言えます。

 

500万円程度の小さな平屋が向いている人
  • 家より土地にこだわりたい人
  • ローンをなるべく少なくして新築を建てたい人
  • 短期間で建て替えを考えている人
  • 定年間際など、家族人数が増えないことがわかっている人

 

上記に該当する場合は、コストを抑えてシンプルに暮らせる小さい平屋を検討してみてもいいでしょう。

今回は、以下の500万円程度で平屋を建てられるメーカーもご紹介しました。

 

500万円程度で平屋を立てられるメーカー
  • ひら家IKI
  • 楽ちん住宅
  • ヒラキハウジング

 

500万円台の平屋を建てたいと検討している人は、今回お話しした内容をぜひ参考にしてみてください!

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる