積水ハウスの平屋は2000万で建てられる?間取りの実例を紹介!

積水ハウスの平屋は2000万で建てられる?間取りの実例を紹介!

「積水ハウスの平屋は2000万で建てられるのかな?どんな間取りになるのか実例も知りたい!」

 

平屋は近年じわじわと人気が高まっていますが、大手メーカーの積水ハウスで建てたい人もいるのではないでしょうか

しかし積水ハウスは住宅メーカーの中でも高めと言われているため2000万で建てられるのか、どんな間取りになるのかなど気になることも多いはず。

 

  • 積水ハウスの平屋は2000万円で建てられるのか?
  • 2000万の平屋はどんな間取りになるのか?
  • 2000万の平屋を建てる場合、注意点はあるか?

 

など積水ハウスで平屋を2000万で建てられるのか、だめならどうすればいいかなどについて知りたいところではないでしょうか。

というわけで今回は「積水ハウスの平屋は2000万で建てられるのか?」についてお話ししていきます。

 

また、2000万円で建てられる平屋の間取りを実例と一緒にご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください!

 

目次

積水ハウスの平屋を2000万円で建てるのは難しい…その理由は?

積水ハウスの平屋は2000万で建てられる?間取りの実例を紹介!

 

積水ハウスの平屋を2000万円で建てるのは、以下のような理由があるため難しいというのが正直なところです。

 

  • 積水ハウスは品質にこだわったハイグレード住宅だから
  • 2000万円では間取りの自由度はほとんどないに等しいから

 

なぜだめなのか、それぞれの詳細が気になることもあるでしょう。

というわけでここでは「積水ハウスの平屋を2000万円で建てるのが難しい理由」についてお話ししていきます!

 

積水ハウスは品質にこだわったハイグレード住宅だから

 

積水ハウスは大変なハイグレード住宅であることが、2000万円で平屋を建てるのが難しい理由です。

実際、積水ハウスは住宅性能における以下の4項目で最高等級を獲得しています。

 

  • 構造の安定(耐震性・耐風性)
  • 劣化の軽減(耐久性)
  • 空気環境(建築・化学物質対策)
  • 温熱環境(省エネ対策)

 

これだけの項目が最高等級を満たしているということは、それだけ住宅の性能が高いということです。

また、性能の高い家を建てるのは手間がかかり、資材も高額になります。

 

その結果、家そのものの坪単価が高くなるため、積水ハウスの平屋は2000万円で建てるのが難しいのです!

 

積水ハウスはハイグレード住宅なので平屋を2000万で建てるのは困難!

 

2000万円では間取りの自由度はほとんどないに等しいから

 

積水ハウスの平家を2000万円で建てたとしても、自由な間取りは望めません。

というのも、積水ハウスの坪単価は50〜100万円程度だからです。

 

さらに、平家は二階建て住宅よりも基礎や屋根の工事にお金がかかるので、坪単価が高額傾向にあります。

仮りに平家の坪単価を100万円として考えると、単純計算で20坪程度にしかなりません。

 

20坪はおよそ66平米なので、かなり狭いとわかるででしょう。

すると、かなり小さい家「狭小住宅」しか建てられず、間取りの自由度がないと言うよりも「選べない」と言えます。

 

それでも建てた場合、いざ住んでみてから窮屈さを感じることもあるかもしれません。

そこまでして積水ハウスで平家を建てるメリットを感じられない人の方が多いはずです。

 

そういうわけで、積水ハウスで2000万円の平屋を建てるのは現実問題難しいと言えるでしょう!

 

積水ハウスで平屋を2000万円で建てても20坪程度しかならない

 

積水ハウスの中古の平屋なら2000万円代でも購入可能かも

 

積水ハウスの新築の平屋を2000万円で建てるのは難しいものの、中古も視野に入れれば購入できる可能性があります。

ただし、それでも2000万円で購入するのは容易ではないため「2000万円台」で探すのがおすすめです。

 

積水ハウスの家はもともとが高品質なので、たとえ中古であっても掘り出し物に出会えるチャンスもあります。

どうしても積水ハウスの家がいい、でも予算はあげられないといった人は、中古も候補に入れてみましょう!

 

ただし中古なので、当然自分の思った間取りではない可能性があります。

自由な間取りを優先するより「積水ハウスの平屋がいい」という思いがあれば中古住宅の検討はありですね。

 

中古の積水ハウスの平屋なら2000万で購入できる可能性あり

2000万円の平屋注文住宅を建てるには?間取りはどうなる?実例紹介

積水ハウスの平屋は2000万で建てられる?間取りの実例を紹介!

 

2000万円で平屋注文住宅を建てるには、選択肢を広げてみるのもおすすめです。

以下の住宅メーカーであれば、2000万円台で平屋注文住宅を建てられる可能性があります。

 

  • アイフルホーム
  • サイエンスホーム
  • iKKA
  • カステルホーム
  • やまぜんホームズ

 

それぞれどんな間取りの家が建つのか気になるところですよね。

というわけでここでは、「2000万円台の平屋の間取りと実例」をご紹介していきます!

 

アイフルホーム「アジアンリゾートがテーマの4LDKの平屋」

 

アイフルホームの基本情報と間取りは以下の通りです。

 

基本情報

 

  • 本体価格:1,994万円
  • 延床面積:35.2坪
  • 間取り:4LDK
  • 家族構成:夫婦+子ども2人

 

間取り図

参照:SUUM

 

アイフルホームのこの平屋は、子どもたちの個室も確保しながら、家族が集まるLDKを最大限大きくした間取りです。

リビングは子どもたちが駆け回っても余裕の広さで、天井を拭き上げのデザインは解放感を感じさせます、

 

施主によると「みんなが居心地のいいリビングを」という思いが形になったそうです。

小上がり畳コーナーがあるので、和の雰囲気も味わえます。

 

また、玄関はメインとシューズクロゼットを備えた家族用の2WAY動線になっている点も注目ですね。

家族用は洗面室と直結しているため、子どもたちに帰宅後の手洗い・うがいの生活習慣も育める間取りとなっています!

 

サイエンスホーム「収納力抜群!ヒノキ尽くしの平屋」

 

サイエンスホームの平屋建て基本情報と、間取りは以下の通りです。

 

  • 本体価格:2,200万円
  • 延床面積:36.3坪
  • 間取り:3LDK
  • 家族構成:夫婦+子ども

 

 

1階間取り図

 

R階間取り図

 

参照:SUUMO

 

この家を建てるにあたってこだわったのは収納力とのこと。

デッドスペースゼロを目標に、空間を有効活用することを考えながら間取りを決めたそうです。

 

その結果、ロフトにリビングやキッチンの造作棚、和室の小上がり下までたっぷり収納スペースを確保しています。

ロフトには大容量の本棚が設置してあるのがポイント。

 

和室の小上がりで、和の落ち着いた空間を確保していますね。

また、床や柱や梁、造作棚に建具まで、すべて国産ひのき材を採用したのもポイントです!

 

iKKA「通り土間のアウトドアリビングとロフトがある平屋」

 

基本情報と間取りは以下の通りです。

 

  • 本体価格:1,990万円
  • 延床面積:26.1坪
  • 間取り:1LDK
  • 家族構成:本人

 

間取り図

参照:SUUMO

 

この平屋のコンセプトは「趣味を楽しむ大人の平屋暮らし」です。

そのコンセプトに沿って、広い土間スペースとしてアウトドアリビングをしつらえています。

 

間取りは、リビング・ダイニングを住まいの中心にし、対面型のキッチンは少し奥まったところに配置している点がポイントですね。

ロフトは趣味の道具を収納するスペースとして活用しつつ、読書をするなど隠れ家的に使える遊び空間にもなっているそうです!

 

1人で過ごすには十分な広さであり、生活そのものが楽しめる平屋になっています。

 

カステルホーム「暖炉の暖かさに包まれる平屋」

 

基本情報と間取りは以下の通りです。

 

  • 本体価格:1,960万円
  • 延床面積:37.2坪
  • 間取り:2LDK+家事室+WIC
  • 家族構成:夫婦

 

間取り図

参照:SUUMO

 

この平屋は、施主が自ら間取りを描くほどこだわりを持って建てられています。

タイトル通りLDKには暖炉がしつらえてありますし、家の形や間取りを見るだけでもこだわりが伝わってきますね。

 

イメージは海外のヴィラで、景色に向かって120度に開かれた間取りが最大のこだわりといえるでしょう。

別荘のような住まいになっっているものの、暮らしやすさや家事のしやすさにも配慮してあるのもポイント。

 

家事室や洗面室、浴室が一直線に並び、家事動線もスムーズになるように工夫されています。

景色を楽しむだけでなく、暮らしやすさにも配慮された平屋です!

 

やまぜんホームズ「ホームバーのあるモダンな平屋」

 

基本情報と間取りは以下の通りです。

 

  • 本体価格:2,310万円
  • 延床面積:31.9坪
  • 間取り:3LDK+ホームバー
  • 家族構成:夫婦+子ども1人

 

間取り図

 

参照:SUUMO

 

こちらは、タイルデッキを囲うように各空間をデザインしたコの字型の平屋です。

LDKの一角にはこだわりのホームバーがあり、リビングからタイルデッキ、庭へひと続きで移動できます。

 

ホームバーがあるので、家のみもどこかのおしゃれなバーで飲んでいるような気分が味わえるでしょう。

子どもだけでなく大人の暮らしも尊重した平屋建てになっています。

 

キッチンから洗面、脱衣所、リビングまで回遊できて家事のしやすい導線もポイントです。

主寝室と洋室へはリビングを通らずに行けるため、プライバシーを保てる程よい距離感も保てる平屋となっています!

 

2000万円の平屋注文住宅を建てる際の心得!注意点はある?

積水ハウスの平屋は2000万で建てられる?間取りの実例を紹介!

 

2000万円の平屋注文住宅を建てる際は、以下のことに注意しましょう。

 

  • 絶対に譲れない条件・間取りは決めておくのがよい
  • こだわりすぎると予算オーバーに!妥協点も重要
  • 坪単価以外にもかかる費用を心得ておく

 

これらは、注文住宅を建てる際の大切な心得とも言えるでしょう。

というわけでここでは、「2000万円の平屋注文住宅を建てる際の注意点」についてそれぞれお話ししていきます!

 

絶対に譲れない条件・間取りは決めておくのがよい

 

平屋に限らず注文住宅を建てる際は、譲れない条件と間取りはある程度決めておきましょう。

というのも、これらを決めておかないと納得のいかない家が建ったり、予算オーバーになったりするからです。

 

また、譲れない条件や間取りを基準に住宅メーカーを探せるので効率もよくミスマッチが防げます。

ちなみに、2000万円の限られた予算の場合、多くの条件や希望を盛り込むのは難しいと考えておくといいでしょう。

 

あれもこれもとこだわりが多いと予算オーバーになってしまうのです。

そのため、譲れない条件は1〜2つに絞ることをおすすめします!

 

ご紹介した例のように「ホームバーのある家」「景色に向かって120度に開かれた間取り」などメインを決めておくといいですね。

 

こだわりすぎると予算オーバーに!妥協点も重要

 

2000万円で平屋注文住宅を建てる際は、こだわりすぎず、妥協点を探ることも大切です。

というのも、こだわりが多すぎると予算オーバーになるだけでなく、選択肢も少なくなるからなんですね。

 

そのため、家を建てる前に「こだわりたいことは何か」「妥協してもいい部分はどこか」を決めておきましょう。

また、住宅メーカーの担当者に削っても問題のないところについて質問するのも手です。

 

担当者にさまざまな平屋の例を見せてもらうと、自分のこだわりを別のスタイルにするなど新たな発想もできるでしょう。

妥協点を探りつつ、広い視点で家づくりをすることも大切と言えます!

 

坪単価以外にもかかる費用を心得ておく

 

平屋を含むすべての注文住宅を建てる際は、坪単価以外にもかかる費用を心得て予算を組みましょう。

というのも、坪単価だけを参考に計算するといつの間にか予算オーバーすることがあるからです。

 

平屋注文住宅を建てる場合、坪単価以外にかかる費用は次のように多くあります。

 

  • 付帯工事費用
  • 住宅ローンの諸費用
  • 土地代金(土地がない場合)
  • 地盤改良費(土地が軟弱だった場合)
  • 解体費用(建て替えの場合)

 

このように、坪単価以外に多くの費用がかかることがわかります。

ちなみに、これらの費用は坪単価の2〜3割程度となることが多いです。

 

意外と大きな負担になるので注意が必要ですね。

そのため坪単価以外の費用を考えていないと、予算が足りなくなって「ゼロから考えなおし」となる恐れもあるのです。

 

坪単価以外にかかる費用も、しっかり確認しておきましょう。

また、予算から逆算して坪単価にはどれくらいの費用をかけられるのかを計画しておくと、思わぬ予算オーバーが防げます!

 

まとめ

積水ハウスの平屋は2000万で建てられる?間取りの実例を紹介!

 

今回は「積水ハウスの平屋は2000万で建てられるのか?」についてお話ししました。

結論から言いますと、積水ハウスの平屋を2000万円で建てるのは困難です。

 

その理由は以下の通りになります。

 

積水ハウスの平屋を2000万で建てるのが難しい理由
  • 積水ハウスは品質にこだわったハイグレード住宅だから
  • 2000万では間取りの自由度はほとんどないに等しいから

 

ですが、積水ハウスの中古の平屋なら2000万円代でも購入できる可能性があります。

そのため、どうしても積水ハウスの平屋がほしいのであれば、中古も検討してみましょう。

 

また、次に挙げる住宅メーカーの商品であれば2000万円で平屋を建てられるので、こちらも参考にしてみてください。

家主のこだわりも実現してくれるでしょう。

 

2000万円で平屋を建てられる住宅メーカー
  • アイフルホーム「アジアンリゾートがテーマの4LDKの平屋」
  • サイエンスホーム「収納力抜群!ヒノキ尽くしの平屋」
  • iKKA「通り土間のアウトドアリビングとロフトがある平屋」
  • カステルホーム「暖炉の暖かさに包まれる平屋」
  • やまぜんホームズ「ホームバーのあるモダンな平屋」

 

もし、2000万の平屋注文住宅を建てる場合は、次のことに注意しましょう。

 

キャプション
  • 絶対に譲れない条件・間取りは決めておくのがよい
  • こだわりすぎると予算オーバーに!妥協点も重要
  • 坪単価以外にもかかる費用を心得ておく

 

2000万円で平屋を建てたいと考えている人は、今回お話しした内容をぜひ参考にしてみてください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる