土地の探し方の裏ワザやコツを大公開!自分で探す時のポイントとは?

土地の探し方の裏ワザやコツを大公開!自分で探す時のポイントとは?

「土地の探し方の裏ワザやコツってあるのかな?自分で土地を探す時のポイントについて知りたい!」

 

家を建てようと思った時に必要になるのが「土地探し」ですよね。

大きな買い物だけに、土地探しの裏技やコツ、自分で探す時のポイントは何かなど気になることもたくさんあります。

 

  • 土地の探し方の裏技やコツは何か?
  • 自分で土地探しをする時のポイントは何か?
  • 土地の探し方や選び方で気を付けるべきことは何か?

 

などこれから土地探しをする人はコツや裏技などをくわしく知りたいのではないでしょうか。

というわけで今回は、「土地の探し方の裏技やコツ」についてお話ししていきます。

 

また、自分で土地を探す時のポイントについてもご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください!

 

この記事のまとめ

土地購入は値引きの交渉が可能なので、値引きを前提に少し価格帯を上げて探す。

不動産会社やメーカーが公開している情報が全てではないので、希望の地域を歩き自分で探す。

・空き家・古民家など中古物件ありで探すと、掘り出しものの土地に出会う可能性が高まる。

・さらに、家づくりで失敗したくない方は、無料の住宅カタログで情報収集をするのがおすすめ。

・『LIFULL HOME’S』なら多くの人が利用、写真や間取り付きで理想のイメージができる。

■こんな人におすすめ

  • 世帯年収300万円〜700万円の方
  • なるべくお得に理想の家を建てたい方
  • 写真付きで住宅メーカーを比べたい方
  • 予算や間取りなど希望に合った条件で探したい方

    \ 初めての家づくりで失敗したくない方へ 

    ※希望に合った住宅カタログが無料で選べる!

     

    目次

    土地の探し方の裏ワザやコツ4選!土地探しに疲れたら要チェック!

    土地の探し方の裏ワザやコツを大公開!自分で探す時のポイントとは?

     

    以下が、土地の探し方の裏技やコツです。

     

     

    • 値引きを前提に少し価格帯を上げて探す
    • 希望の地域を歩き自分で探す
    • 空き家・古民家など中古物件ありで探す
    • メーカー問わず一括で探せるサイト・アプリを利用する

     

    土地探しに疲れたら、ぜひこれらを試してみるとよいでしょう。

    というわけでここでは「土地の探し方の裏技やコツ」についてひとつずつお話ししていきます!

     

    値引きを前提に少し価格帯を上げて探す

     

    土地を探すコツに、値引きを前提として少し価格帯を上げるという方法があります。

    この方法は、予算内でなかなか良い土地が見つからない場合にとくに有効です。

     

    というのも、土地購入は値引きの交渉が可能だからなんですね。

    たとえば、土地の値段をキリのいい数字にしてもらったり、1割程度値引きしてもらったりというのはよくあることなんです。

     

    参考までに、土地の値引き交渉に成功した人のツイートをご紹介します。

     

     

     

    このように、土地の値引き交渉はよくあることなんですね。

    値引き交渉を前提にして少し価格を上げて探してみると選択肢が広がり、希望にマッチした土地が見つかる可能性が高まります!

     

    希望の地域を歩き自分で探す

     

    なかなかいい土地が見つからず土地探しに疲れたら、希望の地域を実際に歩いて探してみるのもおすすめです。

    というのも、ネットには出ていない土地が見つかる可能性があるからなんですね。

     

    また、その街の雰囲気を体感することもでき、ネットでは得られなかった情報に気づける可能性もあります。

    「子育てしやすいか」「買い物に便利か」「地域の安全性はどうか」などは実際に行ってみたいとわからないこともよくあるもの。

     

    ただし、時間と労力がかかる点がデメリットといえるでしょう。

    さらに、ただ見るだけでなく土地に関する知識もある程度は必要です。

     

    そのため、下手をすると歩き回ったことで、ますます疲れてしまう可能性もあるため注意してください。

    ただし希望のエリアがかなり限定されている場合はやってみる価値はあるでしょう!

     

    空き家・古民家など中古物件ありで探す

     

    なかなか良い土地が見つからず苦労している時は、「空き家や古民家など中古物件あり」で探すという裏技もあります。

    というのも、中古物件ありで土地を探している人はほとんどいないからです。

     

    そのため、掘り出しものの土地に出会う可能性が期待できます。

    中古物件ありの土地は、解体費用や整地費用などがかかってきますが、それも含めて予算内に収まれば問題ないはず。

     

    また、建物があると実際に住むイメージが湧きやすいというメリットもあります。

    土地探しに疲れたら、空き家や古民家など中古物件ありの土地も視野に入れてみましょう!

     

    これで選択肢がぐっとひろがるはずです。

     

    メーカー問わず一括で探せるサイト・アプリを利用する

     

    土地を探す時は、メーカー問わず一括で探せるサイトやアプリも利用しましょう。

    こういったものを利用すると、複数の土地を一気に見られるので比較検討が容易になります。

     

    また、土地探しにかける時間の節約にもなるでしょう。

    一括で探せるサイトやアプリの中には、その土地に合った間取りプランを提案してくれるものもあります。

     

    それにより、新たな視点が得られることもあるでしょう。

    たとえば、想定より狭い土地でも希望の家が建てられることがわかったり、これまでにない間取りがわかったりするかもしれません。

     

    このように、一括で探せるサイトやアプリを利用するとメリットが多いのでぜひ利用したい裏技です!

     

    土地探しに失敗しないために!自分で探す時のポイントとは?

    土地の探し方の裏ワザやコツを大公開!自分で探す時のポイントとは?

     

    自分で土地を探す時のポイントは以下の通りです。

     

    • 不動産会社・メーカーが公開してくれる情報がすべてではない
    • 手数料や税金込みで土地にかけられる予算を決めておく
    • 家に求める環境に応じて用途地域も検討する
    • 条件を妥協するときはデメリットを根掘り葉掘り聞く

     

     

    これらは土地探しに失敗しないためにも大切なことなので、ぜひ押さえておきたいところです。

    というわけでここでは「自分で土地を探す時のポイント」についてくわしくお話ししていきます!

     

    不動産会社・メーカーが公開してくれる情報がすべてではない

     

    土地探しの失敗を避けるためには、不動産会社やメーカーが公開している情報がすべてとは思わない方がいいのです。

    というのも、非公開にしている土地が他にあったり、早く売りたい土地を優先して公開していたりすることもあるからなんですね。

     

    そのため、自分でも情報を集めることが大切になります。

    自分でもしっかり調べてみると、土地を見る目が養われて、いいものに出会えた時に決断しやすくなるメリットもあるのです。

     

    また、非公開の土地はないか不動産会社やメーカーに聞いてみるのも良い方法になります。

    公開されている情報がすべてではないと心得て、土地探しをお願いしたまま任せっぱなしにしないようにしましょう!

     

    土地探しでは自分でも積極的に動いていくことをおすすめします。

     

    手数料や税金込みで土地にかけられる予算を決めておく

     

    手数料や税金込みで土地にかけられる予算を決めておくことも、探す時のポイントです。

    というのも、それらを込みで計算しておかないと予算オーバーになることがあるからなんですね。

     

    予算オーバーになると、せっかく気に入った土地であっても諦めるにな事態ることもあります。

    特にこれが理想の土地だった場合、落胆したり、探す気持ちがなえてしまったりすることもあるでしょう。

     

    それがもとで投げやりな気持ちになり、よく考えず違う土地を購入してしまうと、後悔する結果にもなりかねません。

    こういった失敗を避けるために、手数料や税金を含めた予算を決めておくことが大切です!

     

    家に求める環境に応じて用途地域も検討する

     

    土地を自分で探す時は、家に求める環境に応じて用途地域も意識するとよいでしょう。

    用途地域とは、都市計画法に基づいて、建てる建物の用途に応じてエリアを分けるために定められているものです。

     

    ちなみに、用途地域は以下のようにエリアが分けられています。

     

    • 居住系
    • 商業系
    • 工場系

     

    このように用途地域を定めることで、静かな住宅地に商業施設や工場が建てられないように制限しているんです。

    一方、今は商業施設や工場が建っていなくても、建築可能な地域であれば将来建つ可能性があるということになります。

     

    商業施設や工場があとから建つと、予想していなかった騒音や交通渋滞などが起きてしまうこともあるんですね。

    「こんなはずじゃなかった」となっても、簡単には引っ越せませんし、売るのも難しくなってしまいます。

     

    後悔する事態にならないためにも、家に求める環境に応じて用途地域もチェックしておくと想定外の事態が避けられるでしょう!

     

    条件を妥協するときはデメリットを根掘り葉掘り聞く

     

    土地の条件を妥協するときは、デメリットについてもきちんと説明を受けましょう。

    というのも、土地は人生の中でも大きな買い物のひとつであり、一度契約するとすぐに契約解除がむずかしいからなんですね。

     

    実際に家を建てはじめてからでは契約すらできないこともあります。

    そのため、後悔しないようにデメリットについても事前に把握し、不明点があれば納得いくまで説明を求めましょう。

     

    そして、デメリットは許容できる範囲か、何かカバーする手段はあるかなどについても考えることをおすすめします!

    許容できない範囲であっても契約前なら心配がありません。

     

    不明点や疑問点は遠慮なく聞くようにしましょう。

    土地の探し方・選び方で気をつけるべき裏ワザ的ポイント

    土地の探し方の裏ワザやコツを大公開!自分で探す時のポイントとは?

     

    土地の探し方や選び方で気をつけるべき裏技的なポイントは、以下の通りです。

     

    • 立地:海沿い・山沿いなど災害リスクが高くないか
    • 形・地盤:希望の間取りの家を建てられるか
    • 周りの環境:子育て・介護など家庭の用途に見合っているか

     

    これらに注目することで、より満足のいく土地が見つかるでしょう。

    そこでここでは「土地の探し方や選び方で気をつけるべき裏技的ポイント」についてお話ししていきます!

     

    ①:立地:海沿い・山沿いなど災害リスクが高くないか

     

    土地を選ぶ際は、立地の災害リスクをチェックしましょう。

    チェックするポイントとしては、以下が挙げられます。

     

    • これまでに浸水や土砂崩れ、津波などの災害があったか
    • 今後、災害が起こる危険性はあるか
    • 災害が起こるとしたら、どの程度の被害が予想される

     

    災害リスクについてはこういったことに注目すると良いでしょう。

    また、市区町村のホームページや窓口ではハザードマップが公開されているので、あわせて確認しておきたいところです!

     

    ハザードマップは事前に必ずチェックしておきましょう。

    地震や台風などの災害はどこに住んでいても遭遇する恐れはありますが、リスクはなるべく少ないところが安心です。

     

    過去にその土地で発生した災害や被害状況はしっかり確認しておくといいですね。

    自治体がどのような災害対策を取っているかなども合わせて確認しておくと安心です。

     

    ②:形・地盤:希望の間取りの家を建てられるか

     

    土地の形や地盤も気をつけるべき裏ワザ的ポイントです。

    というのも、探している土地の条件にマッチしていても形や地盤によっては希望通りの家が建てられないことがあるからです。

     

    もし、土地の形が複雑であれば、間取りもそれに合わせる必要が出てきます。

    また、地盤が弱ければ、強度を高める工事などが必要になってくるでしょう。

     

    すると想定以上に費用がかかり予算オーバーになってしまうこともあります。

    そのため希望の家の間取りをあきらめなくてはならない状況や土地そのものをあきらめて一から探し直す羽目になる恐れもありますよね。

     

    こういった事態を避けるために、このままの状態で希望通りの間取りの家を建てられる土地か見極めることが大切です。

    あわせて、家を建てた後に危険や不便さはないかもチェックしましょう!

     

    ③:周りの環境:子育て・介護など家庭の用途に見合っているか

     

    土地を選ぶ際は、周囲の環境が用途に見合っているかどうかも見過ごせません。

    たとえば、子育て中なら学校まで徒歩どのくらいか、近くに公園や児童館はあるかなどが大切になってくるでしょう。

     

    自治体が子育て家庭にやさしいか、保育園や幼稚園は充実しているかなども大切なチェックポイント。

    特に子どもの医療費制度は自治体によっても異なるので、確認しておくことをおすすめします。

     

    高齢者を介護中であれば、近くに介護施設や専門の病院があると安心ですよね。

    通勤や通学に駅までのアクセスはいいか、バスを利用するなら1時間に何本あるかなども確認しておきたいところ。

     

    コンビニやスーパー、薬局などがそろっていて買い物に不便がないかどうかもチェックポイントです。

    このように、家庭の状況に応じて暮らしやすい環境は変わってきます。

     

    住み始めてから不便を感じないように、家庭の用途に見合った環境が整っているかどうかも気をつけるべきポイントです!

     

    まとめ

    土地の探し方の裏ワザやコツを大公開!自分で探す時のポイントとは?

     

    今回は、「土地の探し方の裏技やコツ」についてお話ししました。

    土地の購入は人生の中でも大きな買い物なので、土地の探し方の裏技やコツはしっかりつかんでおきましょう。

     

    土地の探し方の裏技やコツ
    • 値引きを前提に少し価格帯を上げて探す
    • 希望の地域を歩き自分で探す
    • 空き家・古民家など中古物件ありで探す
    • メーカー問わず一括で探せるサイト・アプリを利用する

     

    土地探しに疲れたら焦って決めるのではなく、まずはこれらを試してみるとよいでしょう。

    また、自分で土地を探す時のポイントは以下の通りです。

     

     

    自分で土地を探す時のポイント
    • 不動産会社・メーカーが公開してくれる情報がすべてではない
    • 手数料や税金込みで土地にかけられる予算を決めておく
    • 家に求める環境に応じて用途地域も検討する
    • 条件を妥協するときはデメリットを根掘り葉掘り聞く

     

    これらは、土地探しで失敗しないためにも大切なことなので、ぜひ押さえるようにしましょう。

    さらに、今回は土地の探し方、選び方で気を付けるべき裏ワザ的ポイントもご紹介しました。

     

    自分で土地を探す時のポイント
    • 立地:海沿い・山沿いなど災害リスクが高くないか
    • 形・地盤:希望の間取りの家を建てられるか
    • 周りの環境:子育て・介護など家庭の用途に見合っているか

     

    これらも納得のいく理想の土地を見つけるためには、ぜひチェックしておきたい点です。

    家を建てるための土地を探している人は、今回お話しした内容をぜひ参考にしてみてください!

     

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    目次
    閉じる