家を買ってはいけない年齢は?家を買ってはいけない人や時期を紹介!

家を買ってはいけない年齢は?家を買ってはいけない人や時期を紹介!

 

「家を買ってはいけない年齢ってあるのかな?買ってはいけないの人や時期についても知りたい!」

 

家を買ってはいけない年齢があるのか、これから家を買おうと考えている人は気になりますよね。

家の購入は人生の中でも大きな買い物になるため、タイミングに悩むもので買わない方がいい人、避けたほうが良い時期はいつなのかなど気になることも多いはず。

 

  • 家を買ってはいけない年齢は?
  • 家を買ってはいけないのはどんな人か?
  • 家を買ってはいけない時期はいつか?

 

などこれから家を建てよう、建てたいと思っている方は「狩ってはいけない年齢」を知っておきたいと思うのではないでしょうか。

というわけで今回は「家を買ってはいけない年齢」についてお話ししていきます。

 

また、家を買ってはいけない人や、購入を避けるべき時期についても触れていきますので、これから住宅購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください!

 

目次

家を買ってはいけない年齢は?何歳くらいで家を建てる人が多い?

家を買ってはいけない年齢は?家を買ってはいけない人や時期を紹介!

 

家を買ってはいけない年齢に明確な定義はありませんが、適齢期はあります。

それは次のようなことから、30〜40代が適齢期と言えるでしょう。

 

  • マイホームを持つ年齢は30~40代が多い
  • ローンの支払いからリミットを計算している人多数
  • ライフスタイルも30~40代になると決まってくる
  • 「結婚」や「出産」に合わせて買う・建てるケースも多い

 

というわけでここでは「何歳くらいで家を建てる人が多いのか?」を中心に、購入のタイミングについてお話ししていきます!

 

マイホームを持つ年齢は30~40代が多い

 

国土交通省が発表しているデータによると、マイホームを持つ年齢は30〜40代が多いことがわかります。

そのデータをもとに住宅購入の平均年齢をまとめたのが以下の表です。

 

注文住宅 分譲住宅
30歳未満 10.7% 15.2%
30歳代 40.3% 45.9%
40歳代 23.0% 24.0%
50歳代 9.1% 9.7%
60歳以上 16.6% 4.3%

参照:令和3年度住宅経済関連データ

 

注文住宅、分譲住宅ともに30代が圧倒的に多く、次いで多いのが40代です。

両年代を合わせると、全体の7〜8割を占めることになります。

 

収入が安定してきてローンを組みやすい、結婚する人や子どもができる人が多い年齢というのも関連しているでしょう。

ことからも、マイホームを持つ年齢は30〜40代が多いと言えますね!

 

ローンの支払いからリミットを計算している人多数

 

家を買う際、ローンの支払いを逆算して購入する年齢を決めている人が多い傾向にあります。

というのも、ローンの返済期間は最長35年で、一般的には80歳までに払い終える必要があるからです。

 

よって、45歳までにローンを組まなければ、35年より短い期間で返済しなくてはなりません。

返済期間が短くなると、毎月の返済額が大きくなり家計を圧迫することもあります。

 

将来にわたって順調に給料が上がり続けるとは限らないことも考えるとローンの支払いができなくなるリスクもあるでしょう。

そういったリスクを回避するために、45歳までに家を購入する人が多いんですね。

 

ちなみに、30代で家を購入すれば70歳前後で返済も可能です。

途中繰り上げ返済などでローンを減らせれば、もっと早く完済できますね。

 

さらに、退職金で繰り上げ返済すれば65歳前後で完済でき、老後の負担も軽くなるでしょう。

このように先を見越してローンの支払いからリミットを計算し、家の購入時期を決める人が多いのです!

 

ライフスタイルも30~40代になると決まってくる

 

30〜40代になると、職場での立ち位置や、将来のキャリアプランが見えてくる人が多い点も理由のひとつです。

勤務地もある程度定まってくるので、おのずとライフスタイルが固まってくる時期でもあります。

 

転職などをした人も、ほぼ落ち着いてきていることが多いのではないでしょうか。

転勤などがほとんどなく、定年まで同じ場所に住む可能性が高ければ、賃貸より家を買ったほうが得と考える人もいるでしょう。

 

こういったライフスタイルが決まってくるタイミングで、自然と家の購入を考える30代も多いのです!

 

「結婚」や「出産」に合わせて買う・建てるケースも多い

 

結婚や出産を機に家を買ったり、建てたりする人も多いですね。

というのも、家族が増えることでこれまでの住まいが生活に合わなくなってしまうケースが多いからななんです。

 

特に、結婚をすることになったり、1人目、または2人目の子どもが生まれたりした時などですね。

それまでの住宅が手狭になった、相手の勤め先が遠い、子ども部屋が欲しいなどで住宅購入を考える人は多いでしょう。

 

さらに子どもが生まれた場合では、子育てに手厚い自治体に引っ越したい、○○小学校の学区に住みたいなどの希望が出てくることもあります。

結婚してどちらかの親と住むために、新たに住宅を購入する人もいるでしょう。

 

このように、家族が増えたことで必要に迫られて家を買うケースも多くあるんです!

 

家を買ってはいけない年齢は?経済的に考えてやめておくべき歳

家を買ってはいけない年齢は?家を買ってはいけない人や時期を紹介!

 

家を買ってはいけない年齢というよりも、購入を慎重に検討すべき歳があります。

以下の歳で家の購入を検討している場合は、ローン返済など経済なことを考えるとやめておいた方がいいでしょう。

 

  • 20代前半…ライフスタイルの変化に注意
  • 45歳以上…ローンが払えるか考慮する

 

というわけでここでは、「家の購入を経済的に考えてやめておくべき歳」についてお話ししていきます!

 

20代前半で買う場合はライフスタイルの変化に注意

 

20代前半で家の購入は避けた方が無難です。

というのも、20代前半は転勤や結婚などにより、今後ライフスタイルが変化する可能性が高いからなんですね。

 

購入した家に転勤などによって住めなくなる、結婚して家族が増え居住スペースが足りなくなるといったことは十分あり得ます。

転職する可能性も高く、新しい勤務地が遠くなって通勤が大変になったり、手放したりすることも考えられますよね。

 

また、20代前半は収入もそれほど多くない人がほとんどです。

そのため20代で住宅ローンを利用した場合、収入が少ないと借りられる金額が少なくなることもあるでしょう。

 

そうすると、本来希望している家を変えず、妥協して買うことになるかもしれません。

すると、後になって「もっとよく考えて買えば良かった」と後悔する可能性もあります。

 

ただし、20代であれば余裕を持って住宅ローンが完済でき、やり直しが利きやすいのはメリットです。

もし、20代で購入した家が不要になっても、売却したり賃貸に出したりして、新しい住まいを購入する選択肢もあります。

 

20代前半で家を買う場合は、ライフスタイルの変化と、それに対応していけそうかを考えるようにしましょう!

 

45歳以上で買う場合はローンが払えるか考えて!

 

45歳以上で家を買う場合、ローンが払えるかどうか必ず考えましょう。

というのも、45歳以上でローンを組む場合、80歳までに完済するには返済期間を短く設定する必要も出てくるからなんですね。

 

すると、月々の返済額が上がるため、生活を圧迫するかもしれません。

それだけでなく、無理をしてローンを組むと老後資金の確保がむずかしくなることもあります。

 

このように、45歳で家を買う場合はローンが支払えるか、老後資金は確保できるかを慎重に検討しましょう。

または、可能な限り頭金を多く用意して毎月の返済額を減らすという方法もあります!

 

住宅購入のためにしっかり貯金をしていた、老後資金もある程度確保してあるという人なら、それほど心配はありません。

 

家を買ってはいけない年齢は?縁起の面でやめておくべき歳

家を買ってはいけない年齢は?家を買ってはいけない人や時期を紹介!

 

家を買ってはいけない年齢としては、縁起の面でやめておくべき歳があります。

その歳とは以下の通りです。

 

  • 厄年
  • 天中殺
  • 大殺界

 

これらにあたる時期の家の購入は、可能であれば避けた方が良いでしょう。

というわけでここでは「家の購入を縁起の面でやめておくべき歳」についてお話していきます!

 

「厄年」は注意!特に大厄は避けた方が無難!

 

厄年にあたる年齢では、家の購入は慎重になったほうがいいです。

というのも、厄年というのは災いが起きやすく、慎むべき年齢とされているからなんですね。

 

とくに、厄年を気にするなら男性の42歳、女性の33歳の時に訪れる大厄では家の購入は避けたほうが無難です。

もともと体調不良などが起きやすい年齢でもありますよね。

 

自分自身が厄年でなくても、家族やパートナーに厄年の人がいる場合も慎重になったほうがいいかもしれません。

とはいえ、以下のように厄年に家を買っている人も多くいるため過剰に心配する必要はありません。

 

 

 

このように、厄年に家を買って何事もなかった人も多くいます。

そのため、気にならない人であれば厄年に家を買っても問題ないでしょう!

 

厄年がどうしても気になるけれどタイミング的に家を購入したい方は、神社で厄払いをしてもらうと気持ちも楽になりますよ。

 

「天中殺」は気をつけるべき期間

 

「天中殺」の期間も、家の購入は慎重になったほうがいいでしょう。

ちなみに、天中殺とは天が味方をしてくれない期間のことを言います。

 

そのため、私利私欲のための行動はしない方が良いとされていて、家の購入も避けるべきことなんですね。

天中殺には以下の6種類があるので、気になる人は参考にしてみてください。

 

  • 子・丑天中殺(ねうしてんちゅうさつ)
  • 寅・卯天中殺(とらうてんちゅうさつ)
  • 辰・巳天中殺(たつみてんちゅうさつ)
  • 午・未天中殺(うまひつじてんちゅうさつ)
  • 戌・亥天中殺(さるとりてんちゅうさつ)
  • 申・酉天中殺(いぬいてんちゅうさつ)

 

このように2つの干支がセットになっていて、自分の天中殺を知るには少々複雑な計算が必要です。

より詳細に知りたい人は、生年月日を入力するだけで簡単に調べられるサイトがあるので利用してみても良いでしょう。

 

とはいえ、天中殺の期間にあっても家を購入している人もいます。

 


こういったケースもあるため、どうしても気になる人以外はそこまで神経質にならなくても良いでしょう!

夫婦で購入する場合など、どちらかの天中殺を避けていたらいつまでたっても家が買えない状況になることもありますよね。

 

気になって怖いと思う方は、神社などでお祓いをしてもらうなど対処してみるのもいいですね。

 

「大殺界」はすべてが上手くいかない

 

大殺界の時期も家を買うのはやめた方がいい時期になります。

というのも、大殺界の時期はすべてが上手くいかないため、大きな行動は起こさない方が良いとされているからです。

 

そのため、家の購入といった人生の中でも大きな買い物や決断はしないほうがいいとされているんですね。

大殺界についても複雑な計算が必要になるため、気になる人は簡単に調べられるサイトを利用してみましょう。

 

ですが、大殺界で家を買った人もたくさんいます。

 

 

 

このように、大殺界に家を買ってもすべてが上手くいかない人ばかりではないんですね。

そのため、厄年や天中殺と同様に大殺界もそこまで心配する必要はないと言えます!

 

気になる方はいつもより慎重に行動することを心がけ、神社でお祓いをしてもらうなどがおすすめです。

 

まとめ

家を買ってはいけない年齢は?家を買ってはいけない人や時期を紹介!

 

今回は「家を買ってはいけない年齢」についてお話ししました。

家を買ってはいけない年齢に明確な定義はありませんが、ローンなどを考えると適齢期は意識した方がいいでしょう。

 

家を建てる年齢には、以下のような傾向があるので参考にしてみてください。

 

家を建てる年齢の傾向
  • マイホームを持つ年齢は30~40代が多い
  • ローンの支払いからリミットを計算している人多数
  • ライフスタイルも30~40代になると決まってくる
  • 「結婚」や「出産」に合わせて買う・建てるケースも多い

 

これらを踏まえて考えると、家を買う適齢期は30〜40代と言えます。

一方、経済的な面から考えて、住宅購入を見送ったほうが良い年齢と注意すべき点は以下の通りです。

 

家を建てるのは見送ったほうが良い年齢と注意点
  • 20代前半…ライフスタイルの変化に注意
  • 45歳以上…ローンが払えるか考慮する

 

また、次のような家を買うのは避けた方がいい時期もあるため、確認しておくと良いでしょう。

何事もなかった人も多くいますが、気になる方は神社でお祓いをしてもらうといいですね。

 

家を建てるのは避けた方がいい時期
  • 「厄年」は注意!特に大厄は避けた方が無難!
  • 「天中殺」は気をつけるべき期間
  • 「大殺界」はすべてが上手くいかない

 

家を買う年齢は一般的には30〜40代が多い傾向にありますが、ライフスタイルや仕事の状況、経済状態によっても変わってきます。

家の購入を考えている人は、今回お話しした内容をぜひ参考にしてみてください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる