輪島・白米千枚田周辺観光情報

輪島・白米千枚田のおすすめ観光スポットをご紹介!


1.道の駅 千枚田ポケットパーク

2011年6月、国連食糧農業機関(FAO)が認定した世界農業遺産「能登の里山里海」のシンボル的存在になっている「白米千枚田」を眺めるには絶好のスポット。現地には展望台があり、季節ごとに異なった姿をみせてくれる1,004枚の棚田の情景を堪能できます。また、天気の良い日には、七ツ島を望むこともできます。 レストハウス内ではお土産や温かいスープ、千枚田のお米で作ったおにぎりなど購入でき、日本海を眺めながらのお食事が可能です。 また、千枚田で収穫された貴重なお米も販売されています。

住所 〒928-0265  石川県輪島市白米町八部99-4
TEL 0768-34-1242
営業時間 8:00~20:00(レストハウス)
定休日 無休
URL 輪島ナビ
http://wajimanavi.lg.jp/www/view/detail.jsp?id=1440

2.名舟港・御陣乗太鼓陶壁画

県無形民俗文化財「御陣乗太鼓」の発祥の地である名舟港にある陶壁画。輪島塗と九谷焼でできた縦1.7m、横3.4mの陶壁画は、県立輪島漆芸技術研修所、九谷焼技術研修所の共同制作で、石川県の伝統文化や伝統工芸の魅力を感じられる場所です。

住所 〒928-0254 輪島市名舟町
URL http://www.gojinjodaiko.jp/index.html

3.塩の駅 輪島塩

美しい三ツ子浜海岸に、昔ながらの揚げ浜式製塩を営む輪島塩。 輪島からは、曽々木、珠洲方面へ向かう途中の最初の塩田です。 塩の道の始まる起点として、「塩の駅」と名付けられました。 塩作り体験や見学もできます。

住所 〒928-0231 石川県輪島市町野町大川ハ17-2
TEL 0768-32-1177
営業時間 8:00~17:30
定休日 3月~11月 毎日営業 12月~2月 土日祝日営業
URL http://www.wajimashio.jp/

4.南惣美術館

南惣の歴代の当主は敬神崇祖の念に厚く、文化の移入を尊び、美術、茶道を愛好したことから、日本、中国、朝鮮を主とする絵画、書、漆芸、金工などの美術品を収集してきました。南惣家の美術品は散逸することなく今日まで大切に保存され、昭和46年に米蔵を改装して、「能登集古館 南惣」を開館、収蔵品200余点を公開。平成12年「南惣美術館」と改称して現在に至っています。

住所 〒928-0233 石川県輪島市町野町東大野
TEL 0768-32-0166
営業時間 9:00~17:00
定休日 無休
料金 大人:700円 小中学生:400円
※30名以上の団体は各50円引き
URL http://www.notohanto.co.jp/nanso/index.html

5.時國家

時國家

源平の合戦に敗れて能登に流された平時忠の五男時国を祖先とする国指定重要文化財の家です。江戸時代に建てられたこの家は、中世独特の技法が使われており、池泉回遊式の庭園は平成13年に名勝庭園に指定されました。

住所 〒928-0205 石川県輪島市町野町西時国
TEL 0768-32-0075
営業時間 8:30~17:00
※入館は16:30まで
定休日 無休
料金 大人:600円 高校生:400円 小中学生:300円
※団体割引10名以上
URL http://www.tokikunike.com/shisetsu.htm

6.上時国家

kamitokikuni

祖を平時忠(平清盛義弟で大納言)とする800年続く旧家です。重要文化財の主家は、近世木造民家では最大級、高さ18メートルの茅葺き大屋根が巨木の松の間に立っています。
建物の内部は、大納言格式の「縁金折上格天井(ふちきんおりあげごうてんじょう)」の御前の間、襖に連なる平家定紋「丸に揚羽蝶(まるにあげはちょう)」などが見どころです。鎌倉様式庭園も国指定名勝です。

住所 〒928-0204 石川県輪島市町野町南時国13-4
TEL 0768-32-0171
営業時間 8:30~17:30(7月~9月)
8:30~17:00(10月~6月)
※入館は閉館30分前まで
定休日 無休
料金 大人:520円 高校生:420円 小中学生:310円
※団体割引11名以上
URL http://www.geocities.jp/kamitokikunike/

7.輪島市ふるさと体験学習館

一年を通してぞうり・竹馬・竹籠・わたふじ草木染めなどの製作や、味噌造り・豆腐造り・そば打ちなど、ふるさとの歴史と文化を体験することが出来る。

住所 〒928-0206 石川県輪島市町野町曽々木サ-45-1
TEL 0768-32-1331
営業時間 9:00~17:00
定休日 火曜日
料金 入館料 大人:210円 中高生:100円
※体験料別
URL http://furusatotaiken.com/

8.曽々木海岸・窓岩

窓岩

冬の厳しい日本海の荒波をまともに受ける男性的な荒々しい海岸線が続く曽々木海岸。そのシンボル的な存在として「窓岩」があります。板状の岩の真ん中に直径2mほどの穴が開いている奇岩です。冬季は波の花が大量に発生します。
国指定名勝及び天然記念物。

住所 〒928-0206 石川県輪島市町野町曽々木
URL 輪島ナビ
http://wajimanavi.lg.jp/www/view/detail.jsp?id=173

9.垂水の滝

垂水の滝

輪島市と珠洲市の境界にある落差15メートルの滝。春には、滝の上流で雪割草が咲きます。冬、風の強い日は、海からの季節風によって水が吹き上げられ、水が落ちてこないという珍しい現象が見られることもあります(「吹き上げの滝」とも呼ばれています)。

住所 〒928-0206 石川県輪島市町野町曽々木
URL 輪島ナビ
http://wajimanavi.lg.jp/www/view/detail.jsp?id=1006

10.岩倉山・千体地蔵

千体地蔵

山と海が一望できる絶景スポット。岩倉山の中腹には日本海側の特有の強い雨風によって浸食された岩山が無数のお地蔵様が彫刻されたように見えることから名づけられた。

住所 〒928-0206 石川県輪島市町野町曽々木
URL 輪島ナビ
http://wajimanavi.lg.jp/www/view/detail.jsp?id=185

11.金蔵寺

651(白雉2)年、飛鳥時代に開かれ、僧侶の行基も訪れたと伝わる由緒ある寺。
日本ウォーキング協会「歩きたくなる道500選」に選ばれた地区にあります。夏には2万個の小さな燈火を金蔵五ヶ寺(金蔵寺・慶願寺・円徳寺・正願寺・正楽寺)境内および周辺を会場に灯します。

住所 〒928-0236 輪島市町野町金蔵エ32
TEL 0768-32-0277
営業時間 8:00~18:00
定休日 無休
料金 無料
URL 観光協会HP内
http://noto-sosogi.com/history/r6.html

12.天王寺

「能登石楠花寺」の名で知られているお寺です。約2000本のシャクナゲが4月中・下旬頃から咲き始め、訪れた人の目を楽しませてくれます。

住所 〒928-0225 輪島市町野町徳成谷内ヲ-12
TEL 0768-32-0501
定休日 無休
料金 無料
URL 曽々木観光協会HP内
http://noto-sosogi.com/history/r5.html
輪島ナビ
http://wajimanavi.lg.jp/www/view/detail.jsp?id=1000

13.曽々木地区(観光案内センター)

曽々木や真浦の観光案内所。特産品や地物の農作物なども置いてあります。宿泊や食事のご案内や予約、パンフレットなどもあります。

住所 〒928-0206 輪島市町野町曽々木-サ-45-1
TEL 0768-32-0408
URL 曽々木観光協会
http://noto-sosogi.com/index.html

14.せっぷんとんねる

せっぷんとんねる

曽々木海岸、波の花みち遊歩道にある小さな手掘りトンネル。昭和32年公開の東宝映画「忘却の花びら」のロケが行われ、主人公(小泉博さん)とヒロイン(司葉子さん)が二人の愛を確かめ合ってこの洞窟でキスをした場所として一躍有名になりました。

住所 〒928-0206 石川県輪島市町野町曽々木
URL 輪島ナビ
http://wajimanavi.lg.jp/www/view/detail.jsp?id=179

15.岩倉寺

能登国33観音霊場第32番札所で、約1300年の歴史を誇る真言宗のお寺。2日前までに予約すれば、4月から6月にかけては山菜料理、9月中旬から11月にかけてはきのこ料理など、周辺で採れた食材を使った料理を食べることができます。市指定文化財

住所 〒928-0205 輪島市町野町西時国16-8甲
TEL 0768-32-0139
営業時間 12:00~18:00
定休日 無休
URL 輪島ナビ
http://wajimanavi.lg.jp/www/view/detail.jsp?id=941
曽々木観光協会HP内
http://noto-sosogi.com/history/r4.html

16.曽々木ポケットパーク

曽々木海岸、八世乃洞門新トンネル手前にあるポケットパークです。曽々木パワーゾーンを巡る拠点としても最適です。

住所 〒928-0206 輪島市町野町曽々木
URL 輪島ナビ
http://wajimanavi.lg.jp/www/view/detail.jsp?id=1185

17.福が穴

日本海に大きく間口を開けた洞窟「福ヶ穴」は、その昔修行僧が洞窟にこもって護摩を焚き、人々の幸せのために仏像を彫り修行をされたところで、その穴の約70m奥には岩窟不動が鎮座し人々の願いを叶えるため奥に収束した「気」を解き放っていると言われています。

住所 〒928-0206 石川県輪島市町野町曽々木
TEL 0768-32-0408(曽々木観光協会)
URL 輪島ナビ
http://wajimanavi.lg.jp/www/view/detail.jsp?id=943
ページ上部へ