事業報告

財団法人白米千枚田景勝保存基金の設立趣旨(平成5年4月1日承認)

 白米千枚田は、日本海に面して棚田が連なり、その美しい景観は奥能登を代表する稀少な観光資源として多くの観光客に親しまれており、昭和31年4月30日には輪島市の名勝に指定されております。
この千枚田の景観保存のため、輪島市においては、昭和45年度より所要の助成を講じてきたところでありますが、徐々に休耕田が増加し、その景観の保存が重要な課題となっています。このため、平成4年度よりボランティアによる耕作協力など、地域住民等とともに保存活動に一層の取組みを行っているところであります。
 しかしながら、今後その美しい景観を将来にわたり保存していくためには、千枚田を活用した観光振興策の企画・検討、景観保全のための所要経費の安定的確保等をより協力かつ機動的に推進していくための支援体制づくりが必要不可欠であると考えております。
 こうした観点から、耕作者の耕作意欲の高揚を図り、千枚田の美しい景観を活用して奥能登地域の観光振興に寄与するとともに、地域の特性を生かした個性あるまちづくりを推進していくため財団法人千枚田景勝保存基金を設立するものであります。
設立後の取り組みとしては、財団法人千枚田景勝基金は平成25年4月1日に公益財団法人白米千枚田景勝保存協議会に移行しております。

主な事業内容

白米千枚田景勝保存事業

  • 千枚田景勝保存会(地元)への耕作支援、
  • オーナー制度の管理運営
  • 千枚田の観光振興

(参考)基金設立後の主な千枚田の出来事

平成5年 隣接する「千枚田ポケットパーク」が道の駅登録(建設省)
千枚田無電柱化(NTT)
平成6年 手づくり観光地百選(通商産業省)
平成8年 水の郷100選(国土庁)
全国棚田連絡協議会加入
平成11年 全国棚田100選(農林水産省)
第1回米米フォーラムin輪島の開催
平成12年 10月24日 石川県指定名勝に指定
平成13年 1月29日 国指定文化財名勝「白米の千枚田」に指定
平成18年 4月1日 白米千枚田愛耕会が発足
5月13日 小泉純一郎総理大臣(当時)が千枚田を視察
平成19年 4月1日 白米千枚田オーナー制度の発足
5月12日 小泉純一郎元総理大臣オーナー制度特別名誉会員に就任
平成20年 4月2日 演歌歌手水森かおりさんが特別名誉会員に就任
平成23年 6月11日 能登の里山里海が世界農業遺産(GIAHS)に認定
平成24年 3月26日 白米千枚田棚田復活プロジェクト
能登の里山里海が世界農業遺産に認定されたことを記念して、耕作放棄されている田んぼを7枚復田
平成25年 4月1日 財団法人千枚田景勝保存基金は公益財団法人白米千枚田景勝保存協議会に名称変更し移行
4月11日に小泉純一郎氏と小泉進次郎氏が特別名誉会員に就任
10月18日 現内閣総理大臣夫人安倍昭恵氏が特別名誉会員に就任
11月9日 道の駅千枚田ポケットパークが全面改修されリニューアルオープン

 

白米千枚田について

平成13年1月29日に1,004枚の棚田が国指定文化財名勝に指定されました
 

総面積 40,051㎡(畦をふくむ)
耕作枚数 943枚
休耕田 25枚
36枚
合計 1,004枚

令和元年度白米千枚田オーナー制度会員数

会員区分 会員数 会員地域
県内 関東圏 中京圏 その他
オーナー会員 149 37 81 22
トラスト会員 24 15
企業会員 11
特別名誉会員
合計 193 48 105 11 29

※令和元年度特別名誉会員

 安倍昭恵氏、小泉純一郎氏、小泉進次郎氏、永井豪氏、ちばてつや氏、さいとう・たかお氏、水木一郎氏、北京飯店、土屋太鳳さん、山﨑賢人さん

令和元年度作業内容等

作業内容 日程 会員参加者概数
オーナー・トラスト・企業会員
田起こし 4月 7日(日) 66
畔塗り 4月21日(日) 62
田植え 5月12日(日) 262
草刈り① 6月16日(日) 台風のため中止
草刈り② 7月21日(日) 51
草刈り③ 8月18日(日) 45
稲刈り 9月22日(日) 230
年間 延べ716名以上参加

令和元年度 輪島市千枚田ポケットパーク入り込み状況

4月 5月 6月 7月 8月 9月
入り込み数 36,200人 82,700人 37,600人 53,150人 78,000人 58,500人
10月 11月 12月 1月 2月 3月 合計
64,300人 63,000人 32,700人 24,400人 25,000人 41,650人 597,200人
ページ上部へ